スタッフインタビュー

安全・安心で健康な食を届けられる誇り。
自信を持ってお客様に提供できます。

斉藤 良介

1店舗まるごと運営できることがやりがい。 様々な取り組みが店長の裁量に任されます。

「びっくりドンキー」の魅力は、「安全・安心で健康な食」をお客様に提供できる点です。牛肉、お米、野菜などの材料すべてに生産過程からこだわっています。牛乳も「びっくりドンキー」の牧場で作られたものが新鮮な状態でお店に届くので、日々、高品質な商品をお客様に提供できることが誇りに繋がっています。
また、店長として1店舗をマネジメントするやりがいは、自分の頑張りしだいで結果が数字に明確に表れる点です。割引券やチラシの内容、いつ配るかもお店の判断や店長の裁量に任されます。たくさんのお客様に来ていただくために大切にしているのはQSC、クオリティー、サービス、クレンリネスです。接客を磨く、お店をきれいにする、料理の盛り付けを美しくするなど、結局はお店の中を磨くことが重要になります。急にお客様が増えるものではなく積み重ねなので、継続していくことが一番の近道だと思って続けています。

お客様が来てくださることが純粋に楽しい。 スタッフ一人ひとりの力が大切。

「びっくりドンキー今福店」は、高校生から主婦の方など幅広い層のスタッフが働いていて、元気・活気があるお店です。土曜日や日曜日は満員でお客様にお待ちいただくこともありますが、来ていただくお客様が多ければ多いほど、純粋に楽しいと感じます。そう思えるようになったのは、以前、新店の立ち上げを経験して、オープン時はお客様が多かったのですが、しばらく経ったとき、一時的にお客様が減ったことがありました。その経験があったからこそ「お客様が来てくださることが何より楽しい」という気持ちがより一層、大きくなったんです。
多くのお客様に来ていただくために色々な試みをしていますが、最終的に行き着くのはやはり「人」です。スタッフ一人ひとりの力が大切になってきます。シフトでも理論上ではこの人数でいけるという場合でも忙しいと疲れなども出てくるので、そうしたところも考えながら、店長として個々のパーソナルなどもある程度は把握しながらシフトを組むようにしています。

上司とも話しやすいフレンドリーな会社。 人に恵まれていることを実感します。

『ビーエムエス』という会社は、一からのスタートでも頑張り次第できちんと評価してくれて、積極的に仕事をすれば認めてくれる会社です。 店長なので数字で結果を出すことが重要になってくるのですが、目標の数字に到達していない場合も、どういう取り組みをしているかを見てくれます。1店舗を任されてはいますが、まだまだわからないことも多いので上司に相談することもよくあります。入社したときに店長だった直属の上司が今はマネジャーなので、何でも気軽に相談できるのも心強くて、一つのやり方で結果が出ない場合も、別の方法でサポートしてくれます。今後は、新しい方もどんどん入ってこられると思うのですが、自分が入ってここまで育てていただいたのも上司や先輩のおかげなので、今度はそれを新しい方に返していければと思っています。

びっくりドンキー
びっくりドンキー
斉藤 良介
(さいとう りょうすけ)
びっくりドンキー 今福鶴見店 店長
(正社員 2015年3月入社)

居酒屋やコンビニなどでサービス業の仕事を数多く経験した後、『ビーエムエス』に入社。「びっくりドンキー今福鶴見店」で半年間の勤務を経て、「びっくりドンキー大和新庄店」のオープニングスタッフとして立ち上げに参加。2016年10月「びっくりドンキー今福鶴見店」に戻り、2017年2月、入社から2年弱で店長に抜擢。現在は高校生から主婦まで幅広いスタッフを束ね、人を大切にした店舗運営を展開している。

© BMS Co.,Ltd