スタッフ紹介

梅林 光太郎梅林 光太郎

お客様にいかに喜んでいただくかを
考えた売場づくりを実践。

コープ貝塚店店長梅林 光太郎

小売業の経験ゼロの状態からスタートして、店長に。

医療事務の仕事からまったく違う仕事にチャレンジしてみたいと『コンシェルジュ』に入社。コープ陵南店で農産売場を担当。「キャベツとレタスの区別もつかなかった」というほど未経験の状態から、先輩に熱心に質問を重ねて知識を習得。1年後には深阪店の農産部門のチーフに就任。2012年にコープ貝塚店の業務チーフとなり、2014年には店長に。お客様がお店の入り口から最後のレジまで気持ちよくお買い物をしていただけるお店づくりを目指している。

異業種からの転職。医療事務から食品スーパーへ。

病院で医療事務の仕事を約5年ほどしていたのですが、残業が多かったので、家族との時間を大切にしたいという思いから転職を考えるようになりました。今までとまったく違うことがしたいと思って仕事を探していたとき『コンシェルジュ』の求人を見て応募しました。入社してすぐはコープ陵南店で農産部門を担当したのですが、野菜の知識はほとんど知らず、キャベツとレタスの違いや男爵イモとメークインの違いもわからなかったほどです(笑)。チーフに毎日、次々と質問しながら仕事を覚えていきました。1年後には深阪店の農産チーフとなり“どうすればお客様に楽しんで買っていただけるか”を考えることで自分自身も楽しく仕事ができるようになっていきました。

コンセプト実現のため、売場チェックを入念に。

お客様に明るく元気に挨拶できるよう、開店前の朝礼では全員で大きな声で唱和してテンションを上げ、お客様をお迎えする準備をします。その後、開店前に店舗まわりと店内の点検、各部門の準備状況を見て、手伝ったり指示を出しながら開店を迎えます。「毎日くりかえし来店される方に、豊かで楽しい食生活を提案する」というコンセプトを実現するために提案の変化も計画的にしています。提案にそった売場計画ができているかをチェックし、できていない部分を修正していくのが開店後の仕事です。その後はスタッフが明るく元気な挨拶ができているか、店内に汚れているところがないかをチェックしたり、レジが混んでいれば応援にも入ります。午後からはミーティングを行い、進捗状況や販売状況を確認して、問題があれば修正しながら、夕方のピークに間に合うように業務を進めます。

従業員の成長が何よりの喜びに。

「デリシャスクッキング」という試食コーナーを設け、アクアパッツァやパエリアなど、作りたての料理を試食していただくメニューを常に3品お出ししていますが、お買い回りされているお客様から「おいしそう」「今度試してみよう」というお声を聞くと、うれしい気持ちになります。お客様からはお褒めの言葉以外にも、従業員の対応についてお叱りのお声をいただくこともあります。お詫びしたお客様が次回来られた際、その従業員が笑顔で対応できて、お客様から「気持ちよく買い物ができました」と言っていただけたときもうれしかったです。また、パートナーさんや社員が新たな取り組みに挑戦し、その結果を発表する「感動と挑戦のフォーラム」という取り組みがあるのですが、1位を取れたときはもちろん、その他の順位に終わったときも、取り組んだスタッフが成長できたと思えた瞬間はやはりうれしく感じました。

週休2日プラス、連続5日休暇も。家族との時間が増えました。

“どうすればお客様に楽しんでお買い物をしていただけるか”を考えて実践し、実際に喜んでいただけるのが仕事をしていても一番楽しく感じられます。働き方では、前職まではなかなか休みが取れなかったのですが、『コンシェルジュ』では週2日の休みに加え、連続5日の連休や有休も取得するよう積極的に促してくれます。休みが取りやすく、家族との時間も持てるようになりました。子どもの行事にも参加できるのはうれしいですし楽しみです。

売場づくりに一生懸命なスタッフの姿勢には、頭が下がります。

小売りの知識がない状態で入社して、最初はわからないことばかりでしたが、何でも聞けば教えてくれる雰囲気がありました。今までの店長やチーフを含め、様々な同僚に教えてもらいながら成長することができたと実感しています。現在、コープ貝塚店は10代の高校生のアルバイトから60代まで約200名のスタッフが活躍しています。全従業員一人ひとりが来店されるお客様に、コンセプトの実現に向けて、気持ちよくお買い物をしていただける売り場を作れるよう一生懸命努力しています。その姿勢には本当に頭が下がるほどです。

お客様に喜んでもらえる従業員を目指して。

『コンシェルジュ』は自身のやりたいことが今は明確でなくても、働いていくうちに目標を持つことができ、目標に向かって修正し、次のアクションを起こしていくことで成長していける会社ではないかと思います。入社以来ずっと目指しているのは「お客様に楽しんでいただき、喜んでいただける従業員になりたい」ということです。お客様に喜んでいただくためにはどうすればいいかを常に考え、売り場作りをするのが面白くて実践しているので、ずっとそのことを続けていけたらという思いがあります。もちろん大変なこともありますが、地域の方に少しでも楽しんでいただければ、それが何よりの喜びでもあります。

梅林 光太郎
  • 梅林 光太郎
  • 梅林 光太郎
  • 梅林 光太郎
一日のスケジュール一日のスケジュール
8:30
出勤
朝礼、開店準備、店内の点検
9:00
開店
各売場のチェック
品出しの手伝い、レジ応援
13:00
ミーティング(進捗状況や販売状況の確認)
13:30
休憩
14:30
翌週の計画を点検・集計
販売計画のチェック
安全管理、点検作業、事務作業
17:30
退勤
Page top