スタッフ紹介

稲垣 徹也稲垣 徹也

「この地域にコープのお店があって良かった」
お客様に愛されるお店を作っていきたい。

コープ 和泉中央店業務チーフ稲垣 徹也

経歴を活かした本格的な試食コーナを実演。

20才の頃から料理の修業を重ね、コックとして洋食、イタリアン、和食など料理全般に携わる。コープ泉佐野店の農産部門からスタートし、2011年に和泉中央店のオープニングスタッフとして農産部門で約2年間勤務。その後3カ月間、食品部門(グロッサリー)で研修し、業務チーフに。料理の腕前を活かし、週に1度、お客様の目の前でレストランのシェフの味を実演調理する試食コーナーが人気。

コックの経験を食品スーパーで活かしたい。

約10年間、飲食店でコックをしていました。転勤が多く九州で勤めていたこともあるのですが、大阪で仕事がしたくて就職活動をしていました。そのとき目にしたのが『コンシェルジュ』の求人です。生活協同組合について調べ、その仕組みに興味を持ったのと、スーパーという業界が食料品をメインに扱っているので、そこで自分の培ってきた調理の経験を活かして働ければと思い応募しました。採用が決まって最初はコープ泉佐野の農産部門から始まり、2011年に和泉中央店がオープンすることになったとき、新規のオープニングスタッフに加わりました。建物だけ建っていて何もない状態だったのでオープニングはなかなか大変でした(笑)。設備はあるんですが、商品もゼロから積んでいかないといけないのと、働くパートナーさんたちも事前に研修はあっても、実際にお店で働くのはオープンしてからです。地域の組合員の期待にお応えしたいという一心で、スタッフ全員で一致団結してお店のオープンに向けて頑張りました。

売場がうまく回るように戦略を練り実践します。

店長と業務チーフが交替で営業時間内の店舗を運営しているので、午前から出勤するときもあれば、午後から出勤するときもあります。午前のときはまず朝礼があり、開店準備を手伝ったり、売場の点検をします。オープンすると、お客様にその日どのように商品を販売していくか、各部門と売場の状況を見ながら、お昼のピークに向けて商品を補充したり、試食を出したり、店内ではインカムというマイクを付けて、おすすめ商品をマイク放送で案内します。午後からはフラッシュミーティングでお店の中間報告をします。全部門が集まって午前の売上の確認や午後の戦略を練ります。売れている商品はもう少し追加して売場に出しておくように指示を出したり、逆に売れていない商品があれば、午後からどのように売り込むのかを話し合い、マネージメント業務やクリンネスについての話もします。

「最近、愛想がいい人が増えたね」
お客様からの言葉に元気をいただいています。

オープン当初にお野菜や果物のことなどを売場で話していたお客様が今も来てくださるんですが、着ているジャンパーが緑色から赤色になっているのを見て「出世したんか?」と声をかけてくださることもあります(笑)。そういう会話をしていると懐かしく感じたり、自分がしてきた結果がついてきているのかなと実感します。お客様が多ければ多いほど会話が増えるのでうれしいですね。昔から生協をご利用されている組合員様のお客様も多く、従業員にも親身になって愛情を持って接してくださいます。「こんなこともしてほしい」「こんな商品を置いてほしい」とお客様と話していると、この仕事ってこういうところが面白い仕事なのかなと思ったりします。昔、ほかのスーパーの方が店舗視察に来られたとき、お客様からのアンケートがそのスーパーさんとくらべると3倍近くあると驚かれていました。お客様が声を上げてくださる風土が育まれているのかなと感じます。

「新しいおいしさ・楽しさ・発見・感動」を伝えたい。
毎週木曜、キッチンライブを開催。

「毎日くりかえし来店される方に、豊かで楽しい食生活を提案する」というコンセプトを立てています。「豊かで楽しい」をわかりやすく言うと「新しいおいしさ、新しい楽しさ、新しい発見、新しい感動」という形で、すべて「新しい」が付き、その4つのテーマを売場で展開しています。実際に和泉中央店ではオープン当初から毎週木曜日の夕方、お客様の目の前で料理を作って食べていただく「キッチンライブ」を開催しています。たとえばタンシチューなど、レストランの味がご家庭でも簡単にできる方法を紹介しています。お買い物に来られた方が「こんなの、やってるの?」と驚かれたり、一緒に来られた子どもさんが「おいしい」と言ってくれて、お母さんと話がはずむこともあります。晴れの日や記念の日、イベントの日には真っ先にコープを選んでほしいと思っているので、今後もそうした日に食べたいと思っていただける料理を紹介していきたいです。

従業員全員ともっともっと話したい。時間が足りないと感じるほどです。

和泉中央店はパートさんからアルバイトまで含めて210名近く在籍しています。全員ともっともっと会話したいと思っているので、時間が足りないと感じるほどです。パートナーさんも積極的な方が多く、新しい方が入ってきても話しかけてくれる方が多いのかなという気がします。職員とパートナーさんが同じ作業場で仕事をすることも多く、毎日顔を合わせているので、言いたいことを言い合える環境です。業務は現場のパートナーさんやチーフに任せていて、本部の提案の指示に対して、実際に自分たちでどのように実践していくかは現場のスタッフに考えてもらっています。違うところがあれば指摘やアドバイスをしながら、ときにはフレンドリーに一緒に売場を作っている雰囲気があります。

各部門のチーフやスタッフと力を合わせ、地域密着のお店を目指したい。

中途採用で入社しましたが『コンシェルジュ』は、前歴の仕事のいい部分を活かすことができる会社だと感じています。もちろん、自分から積極的に行動しないといけないとは思うのですが、積極性があれば今までやってきたことを違う形で活かすことができる柔軟な会社です。今後も得意な料理を活かしながら、地域の方々に「コープのスーパーが近くにあって、毎日楽しい買い物ができて、家でおいしい食べ物が食べられてよかった」と思っていただけるようなお店にするため、各部門のチーフやスタッフと協力して、地域密着のお店づくりをしていきたいです。

稲垣 徹也
  • 稲垣 徹也
  • 稲垣 徹也
  • 稲垣 徹也
一日のスケジュール一日のスケジュール
11:00
出勤
売場の点検、商品補充
試食の準備、マイク放送
13:00
フラッシュミーティング
13:30
売場の点検、商品補充
試食の準備、マイク放送
15:00
休憩
16:00
試食(キッチンライブ)
17:00
売場の点検、商品補充
事務作業
20:00
退勤
Page top