マネージャーの1日

マネージャーの1日
  • マネージャーの1日

    AM10:00 出勤(1店舗目)

    オープンして少し落ち着いた時間帯に直接、お店に出勤します。1日に4~5店舗巡回するときもあれば、1店舗のみの場合もあります。お店に入ると、店舗スタッフが困っていることはないか話をじっくり聞き、工場や配送担当者からの声を共有します。

  • マネージャーの1日

    PM12:00 昼食・移動

    1店舗目の巡回を終えると、昼食を取って、次の店舗に移動します。移動している間も、店舗スタッフから携帯電話に連絡が入ることもあります。「レジが止まりました」「このタグの付け方で合っていますか?」という質問にも親身に答えるように心がけています。

  • マネージャーの1日

    PM2:00 巡回(2店舗目)

    2店舗目でも困っていることがないかをスタッフにたずね、「店舗の整理ができない」「掃除が苦手」という場合には「一緒にやってみましょう!」と協力して進めます。普段スタッフがしているやり方にプラスα、「こんなやり方はどうですか?」と新しい方法も提案します。

  • マネージャーの1日

    PM3:00 巡回(3店舗目)

    スタッフの話を聞くだけでなく、一緒に受付をすることもあります。自分が普段している接客応対をそばで見ていただき、今度はスタッフにも実際に接客してもらいます。気づいたこと、感じたことを話し合い、よりよい接客に活かします。

  • マネージャーの1日

    PM4:00 本社へ

    本社に帰ってくると、上司に「今日はこの店舗に行って、こんな方法で改善しました」と報告し、その日の報告をパソコンで作成します。そのほか、マニュアル作りやシフト管理、売上管理、スタッフの育成、統計作業をして、退勤します。

マネージャーの1日

コミュニケーションを何より大切に。
会社ともスタッフとも、フィフティ・フィフティの関係でいたい。

お店に巡回に行くときは、必ず行く前に工場や配送担当者に、何か気づいたことはないか、困っていることはないかをヒアリングをして、データを集めます。店舗への要望や伝えてほしいことをリストアップし、上がってきた声はデータとして客観的に受け止め、店舗に行くと、まずはスタッフの話をじっくり聞きます。常に会社にもスタッフにもフィフティ・フィフティの関係を心がけています。

また、スタッフには携帯電話への連絡は、基本的には「いつでもいいですよ」と伝えています。そうすると、スタッフも「親の体調が悪くて…」「来月、子どもの学校行事があって…」と話してくれます。「もし、何かあってもすぐに行けるように段取りするからね」と安心してもらい、ほかのスタッフにも「フォローを頼むね」と声かけをしています。

今は、スタッフがいかに楽しく仕事ができるかを考えながら、トークマニュアル・作業マニュアル・工程マニュアルを作成しています。大変なこともありますが、それだけにやりがいの大きな仕事です。今、担当しているのは12店舗で、何かあれば、みんなで「やろう!」と奮い立ってくれる結束力の固さも自慢です。これからもスタッフとのコミュニケーションを大切に、スタッフが気持ちよく働ける環境を作っていきたいと思います。

  • スタッフインタビュー

    スタッフインタビュー

  • マネージャーの1日

    マネージャーの1日

  • イセヅドライの魅力

    イセヅドライの魅力