TOP > 事業団について > 沿革

 
平成10年6月1日 東京都社会福祉事業団設立
法人本部事務局を新宿区河田町に設置
平成10年7月1日 東京都町田福祉園を運営受託
平成11年4月1日 法人本部事務局を現在地(新宿区大久保)に移転
東京都障害者(児)施設12か所を追加運営受託
・東京都七生福祉園
・東京都東村山福祉園
・東京都千葉福祉園
・日野療護園
・東京都用賀技能開発学院
・東京都大谷田就労支援ホーム
・東京都大泉就労支援ホーム
・東京都八王子福祉園
・東京都小平福祉園
・東京都日の出福祉園
平成12年4月1日 東京都児童養護施設10か所を新たに運営受託
・東京都中井児童学園
・東京都品川景徳学園
・東京都石神井学園
・東京都小山児童学園
・東京都むさしが丘学園
・東京都船形学園
・東京都八街学園
・東京都勝山学園
・東京都片瀬学園
・東京都伊豆長岡学園
平成13年3月31日 東京都大谷田就労支援ホームの受託終了(事業廃止)
平成13年4月1日 東京都社会福祉総合学院を設置運営
平成14年4月1日 東京都社会福祉総合学院の運営の一部を学校法人に委託
平成15年3月31日 東京都用賀技能開発学院の受託終了(事業廃止)
平成18年3月31日 東京都中井児童学園および東京都町田福祉園の受託終了(民間移譲)
東京都大泉就労ホームの受託終了(指定管理者運営事業者に交代)
平成18年4月1日 東京都児童養護施設9か所および東京都障害者(児)施設9か所を指定管理者として管理代行
平成19年3月31日 東京都伊豆長岡学園および東京都日の出福祉園の管理代行終了(民間移譲)
東京都社会福祉総合学院の廃止
平成21年3月31日 東京都小平福祉園の管理代行終了(民間移譲)
平成21年4月1日 東京都児童養護施設8か所および東京都障害者(児)施設7か所を指定管理者として管理代行
平成22年3月31日 東京都品川景徳学園及び東京都むさしが丘学園の管理代行終了(民間移譲)
平成22年4月1日 障害施設が障害者自立支援法に基づく新体系に移行
平成24年4月1日 東京都児童養護施設6か所、東京都福祉型障害児入所施設3か所
及び東京都障害者支援施設4か所の第三期指定管理期間開始
平成27年4月1日東京都児童養護施設6か所、東京都福祉型障害児入所施設3か所
及び東京都障害者支援施設3か所の第四期指定管理期間開始
障害者支援施設「日野療護園」の自主運営開始