スタッフ紹介詳細

スタッフや店長からの憧れの存在を目指します

有持 剛志
担当部門:マネージャー
入社日:2011年入社
もどかしく感じていたマネージャーとしての仕事が一変した、社長との出会い。

前職は別の代理店でマネージャー職に携わっていました。店長と兼務していたので自分が管轄する以外の店舗に顔を出す機会が月に1回程度と極端に少なく、そのため客層、ショップの環境、スタッフ一人ひとりが今なにを感じて仕事に向き合っているのかなど、新鮮な情報を把握しきれずにいました。社長から(有)インターネットに誘われたのはそんなもどかしい想いを抱いていた時です。店舗ごとに店長、教育担当など必要なポストがきちんといて、その上でマネージャーの仕事に専念できる環境に魅力を感じたのを今も良く覚えています。現在は、1ヵ月のうち、数日間ずつのサイクルで各店舗を巡回し、ディスプレイの改善、店長指導、新人教育指導などをメインに行っています。何が何でも数字をあげることに血眼になるのではなく、消費者が物を購入する心理的なプロセスに沿って、スタッフ一人ひとりの意識を底上げしていけるので、非常にやりがいを感じています。

多様化するIT業界。翻弄されることなくスタッフのマインドアップを引き出す力。

(有)インターネットに入社するまではマネージャーとしての仕事をこなしながら店舗に立つ余裕があることなど、考えもしないことでした。今は、お客様がお待ちいただいているときはご対応もさせていただいていますし、現役バリバリのスタッフたちとコミュニケーションを楽しむこともできます。ただ、携帯電話会社といっても最近は電気、ガス、電子マネーなど時代の流れの中で、取り扱う商材が多様化しているのが現状です。世の中に広く普及している携帯電話を消費の窓口にしたいと考える企業側の戦略ももっともですが、お客様が来店される目的のほとんどが、機種変更、お支払プランの見直し、故障などで、企業側の意図とは大きくズレがあります。スタッフのマインドとしても「携帯電話のことなら」という気持ちが少なからずあり、このズレの部分をどう打開するかがマネージャーの腕の見せ所ではないかと私は捉えています。商品のことを勉強する時間を設けたり、スタッフごとにロープレをしたり、具体的な目標を設定したり、まずはできることから始めていきます。もちろんその間にもお客様がご来店されるわけですから時間は1秒でも惜しいところですが、そこをぐっとこらえて、みんなで少しずつ協力し、そして最終的に目標を達成する力をスタッフから引き出すのが私の本来の仕事です。上から指示を出すことがマネージャーではありません。現場に混ざり、一緒に苦楽を共にするのが(有)インターネットのマネージャー像だと私は考えています。

一覧ページへ