スタッフインタビュー

職員とご家族と地域と。 “全員で考える看護”を描き、ケアの実施ができます。

看護職員 M.Fさん
勤務地:訪問看護ステーション カナン
役職:管理者
より親身に、より専門的に。最善のケアプランがここに。

多職種協働という言葉を耳にされたことがあるでしょうか。読んで字のごとく、“多くの職種が連携すること”を指し、私たちの現場でも実践しています。看護職員、介護職員、機能訓練指導員、ケアマネージャー、生活相談員の他、医療機関や地域の方々、そしてご本人とご家族と、“関わりのある人全体”でケアプランを考え、様々な視点で意見を交わしていくことで、より良いサービスの提供へつなげることができます。
訪問看護の際は、基本的に看護職員1人で伺います。ですが、入浴介助がある場合には介護職員と一緒に、より専門的なリハビリを要する場合には機能訓練指導員と、ご利用者・ご家族へより詳しい説明をする時にはケアマネージャーと、といった具合に必要に応じた連携体制を整えています。

お一人おひとりとじっくり向き合える。 自分の描く“介護”を実現できる場所です。

介護職員 M.Fさん
勤務地:地域密着型介護老人福祉施設 ゆうり
役職:介護主任
“私から動くこと”が、チームワークの向上に。

当法人の施設は、従来型ではなく全室個室の完全ユニット型です。ユニット型の特長としては、人と人のふれあいを大切にケアができ、ご入居者にとって自宅のような毎日を送っていただきやすいことが挙げられます。
私が所属する『地域密着型介護老人福祉施設 ゆうり』でも、ユニットケアの充実のために、ユニットケア推進員を導入。シフトの組み方、仕事への姿勢、多職種協働の機能強化など、推進員兼ユニットリーダーである私から職員へ積極的に声をかけることで、職場の活性化につなげています。そうして取り組むうちに現場から意見や考えを耳にできる機会が、日に日に増えてきました。今後も、職員と共にユニットケアの充実に尽力していきます。

私が一番自分らしく活躍できる。 改めて、この仕事を誇りに思います。

介護職員 Y.Nさん
勤務地:特別養護老人ホーム あんり
役職:ユニットリーダー
実は、私の再スタートにはきっかけが。

他の施設ですが介護職員を始めてしばらくした頃、ふと他の仕事にも挑戦したくなりました。そうして私が選んだのは、全く異業種である営業。売上をそれなりに伸ばしていたものの、ある時、心から笑えていない自分に気付きました。自分にとって働くやりがいは何だろう、本当に笑顔になれる仕事は何だろうと考えると、私には介護職員しかないと思ったのです。
様々な介護・福祉施設がある中から『カナン』を選んだことには、明確な理由があります。それは、私が目指す介護観と法人の理念が一致したからです。ここなら自分自身も成長できると感じ、入職を決意しました。

たくさんのやりがいとかけがえのない仲間。一生ものの仕事を見つけました。

介護職員 T.Nさん
勤務地:介護老人福祉施設ゆうり
役職:ユニットリーダー
最初は誰だって不安。未経験なら尚更です。

私たち介護職員の仕事は、利用者様の生活のサポート全般です。食事の介助からレクリエーションまで、業務内容が幅広いので、慣れるまでは少し大変かもしれません。
正直、最初は私も覚えられるか不安だらけでした。それでも安心してスタートできたのは、先輩方のサポートがあったからこそ。OJTで基礎からやさしく教えてくれますし、困ったことがあればすぐにフォローしてくれます。
それに加え、1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月・1年と定期的にチェックシートを使って評価を行い、1年後にはひとり立ちできるようなサポートも。着実にスキルアップできる環境が整っているので、未経験者でもチャレンジしやすいと思います。

“これから”のことを真剣に考えたからこそ、カナンに決めました

介護職員 K.Mさん
勤務地:特別養護老人ホームあんり
グループホームから特養へ。同じ介護でも全く違いました。

以前はグループホームに勤めていましたが、他の施設で経験を積んでもっとスキルアップしたいと思い、転職を決意。そして、転職活動中に見つけたカナンに興味を持ち、縁あって働くことになりました。
現在は特養に勤務しています。もちろん、これまでの経験を活かせる場面はあります。でも、グループホームとは違う部分も多く、最初は戸惑ってばかり。例えば、グループホームは認知症の方が中心ですが、特養では様々な症状の方に対応しなくてはなりません。だからこそ、幅広く知識が身に付きますし、いろんな経験もできます。
まだまだ勉強の日々。これからも積極的に取り組んで、どんどんチャレンジして、スキルアップにつなげていきたいです。