お仕事ファイル

「コープベーカリー小麦の森」の仕事は、【製造】(成型、オーブン)と【販売】に分かれます。まずは担当が決まり、一つの仕事を集中して覚えていただきますが、将来的には全員がほかのポジションも担当できるよう、ジョブローテーションも行います。

製造

<成型>

■朝の準備

基本は手洗いから始まり、爪や体調チェック、靴の裏がすり減っていないか、髪の毛が帽子から出ていないかをチェックする衛生点検を行います。その後、接客八大用語を唱和して、今日の予算や売り出し商品をみんなで大きな声で確認し、そこから各自の持ち場に就きます。

■パンの種類

1日に作るパンの種類はお店の規模にもよりますが、中間くらいの規模の店舗だと、食パンだけでも5種類、そのほかのパンも合わせて全部で80種類近くあります。午前中はその日に焼いてお店に並べるパンを作り、午後からは次の日に並べるパンの仕込みをします。

■作り方

商品マニュアルには、使用する生地や材料、成型する工程や生地の温度を何度まで上げるかもすべて写真入りで載っているので、マニュアルを見ながら作っていきます。みんなでそのマニュアルを見ながらテストベイクをして、全く素人の者ばかりでもマニュアルを見れば作れるようになっています。さらに細かな技術は先輩が教えてくれるので、徐々に覚えることができます。
たとえばフランスパンだと、一玉何グラムと分割された生地をもとに「大きなフランスパンを作るときは2玉使う」「小さなフランスパンは生地を2分の1にする」という指示があるので、マニュアルを見ながら作ります。

<オーブン>

■オーブンの仕事

オーブンは成型された生地をオーブンに入れ、温度と時間を設定し焼き上げる仕事です。オーブンにはそれぞれクセがあり、1分過ぎただけで焼き過ぎになる場合もあるなど難しい仕事ですが、焼く温度や時間もすべてマニュアルに載っています。細かいコツなどは店長や先輩が教えてくれるので、経験を重ねるうちにピッタリのタイミングをつかめるようになります。

■そのほかの仕事

オーブンの仕事だけでなく、空いているときはほかの仕事も手伝います。ドーナツのフライを揚げたり、仕上げをしたり袋詰めをしたり、将来的には販売など幅広い仕事を覚え、全員がどのポジションもフォローできることを目指しています。

販売

■朝の準備

朝はお店の片付け・掃除からスタートします。パンが焼き上がると半分にカットしたり、カゴにのせてお店に並べます。9時にコープのお店がオープンするとお客様が来られるので、接客をしながら、レジが空くとパンを半分にして袋に詰めて店頭に並べます。

■販売の仕事

販売は接客応対と食パンスライス、商品の品出しが中心です。パンの焼き立てが出るたび、店頭に並べます。販売の仕方もマニュアルに載っていて、この袋を使ってこのように仕上げますという細かなところまで書いてあるので、それを見れば初めての方でもできるようになっています。

■レジ

お金を扱う業態と扱わない業態があります。お金を扱う業態は通常のレジと同じ金銭授受があります。お金を扱わない業態は、お客様からトレーに載ったパンをおあずかりした後、一つずつレジで打ち、袋に詰め、パンを入れた手提げ袋に合計ラベルを貼ります。お客様はコープのレジでお支払いをされるので金銭授受がありません。