企業メッセージ

投資は「人」から。『クリスタル観光バス』のこれからを支えてくれる人材に来ていただきたい。

代表取締役 古市啓悟
生活の安定が、良い仕事につながる。県内で業界トップクラスの待遇を実現。

しっかりとした生活基盤があるからこそ、人は仕事に励める。その想いがあるので、会社として、まず人材に投資をしています。利益を従業員に還元していった結果、現在の待遇は、和歌山県内で業界トップクラスなりました。この待遇を実現できたのは、1人ひとりの努力にあります。以前から従業員たちへ、「この業界で一番になろう」と伝えてきました。みんなが私の想いに応えてくれ、それぞれが運転と接客スキルの向上を目指してくれたからこそ、お客様に認められ、利益につながったのです。引き続き人材への投資を行いながら、バスの入れ替えといった設備投資も強化していきます。新型のバスは、追突防止や車線逸脱防止の機能が備わっており、安全面の進化が著しいです。従業員を事故から守るためにも、入れ替えサイクルを早めていければと考えています。

観光バス運転手という職業に、誇りを持てる人であることが大切。

入社の時点で大型免許を所持しているかは、それほど大きなポイントになりません。観光バス運転手はお客様をただ目的地へお連れするのではなく、気持ち良く1日をお過ごしいただけるように、快適な時間を提供する仕事です。技術は本人の努力で後から身に付けられるため、採用では相手を思いやれる気持ちがあるかを重視しています。未経験から始めた場合、一人前と呼べるほど成長するには、だいたい3年間はかかるものです。しかし、腕を磨き続ければ、「いつ動き出したのか、いつ止まったのか」お客様が気づかないくらいのなめらかな操作技術を習得できます。職人技と呼べるほど高度な技術であり、だからこそ当社の運転手はみんな誇りを持って日々の業務に取り組んでいます。新しく入られる方は、ぜひ先輩たちと同じように、お客様を想う運転を目指してください。

地域に密着しながら、着実に『クリスタル観光バス』を発展させていく。

私が一線を退いたあとも、会社は走り続けなければいけません。次代にうまくバトンを渡せるように、常に未来を見つめながら経営を行っています。まずは、ここまで育ててくださった地域の方々の信頼に応えていくこと。その先には、大阪府南部を足掛かりに他府県への展開も考えています。無理をするつもりはありませんが、守りの姿勢では永続的に会社を続けていくことはできません。現在活躍している20代の社員がきちんと定年まで働けるように、その次の若い世代が定年まで働けるように、攻めの姿勢でかじ取りを行っています。その際に当社の強みとなるのは、熱心に仕事に打ち込む従業員たちです。私たちの目線は、常に前を向いています。事業発展の礎として、全員で一致団結して、明日の『クリスタル観光バス』をつくっていきましょう。