スタッフインタビュー

大久保北店

製造スタッフ
大西 佑季

勤続年数:1年

「やりたい」と言ったことに挑戦させてもらえる環境。
一つひとつ、貪欲にチャレンジしていきたい。

シンプルな形のパンほど、見映えが大切なので難しいですが、
先輩が目を配って、丁寧にアドバイスしてくれます。

もともと料理やお菓子を作ることが好きだったので、大学を卒業したら、食べ物を作る仕事に就きたいと考えていました。ダンマルシェとの出会いは大学時代、インターンシップ生として働いたときのことです。お店の雰囲気や自家製にこだわる姿勢に惹かれ、採用試験を受け、入社しました。
実際の仕事では成型をメインに、最近は仕込み(生地作り)にも携わっています。来店客が多い店舗のため、成型からスタートしたんですが、パン作りの基礎となる仕込みにも挑戦したいと伝えたところ、携わらせてもらうことができました。仕込みで難しいのは、気温・湿度・天候に左右されやすい点です。材料を混ぜるタイミングが微妙に変わるので、常に気にしていないと安定した生地ができません。
自分でもわからないことがあれば聞きますが、先輩が目を配ってくれて、上達できるように丁寧にアドバイスしてくれるので、ありがたいです。

うれしかったのは、応援してくれる家族からの「おいしい」の言葉!
海外での修行や独立を目標に、知識や技術を身につけたい。

うれしかったのは、お客様はもちろんですが、作ったパンを家族に食べてもらって「おいしい」と言ってもらえたこと。「この会社で頑張っていこう」という思いで、入社と同時にひとり暮らしを始めたんですが、親には住まい探しなどを助けてもらったので、自分を応援してくれる家族に「おいしい」と言ってもらえたことは何よりうれしかったです。
仕事をしているうちに、こんなパンを作りたい、あんなパンを作りたいという構想が湧いてきました。そのパンを作るためにはどんな生地が最適で、どういった方法がいいのか理解するためにも、日々のパン作りの中で知識や技術を身につけることが必要です。ダンマルシェで修行を積んで、ゆくゆくは海外のパン工房での修行や、最終的には独立も考えています。一つひとつ、貪欲にチャレンジしていきたいです。

<< 戻る
ページの先頭へ