INTERVIEW

阪急ベーカリーで
活躍するスタッフを
ご紹介します。

お店を支える店長から生地を作り焼き上げる製造スタッフまで。安心・安全・美味いパンを作る阪急ベーカリーのスタッフをご紹介します。パン作りに込める想いや毎日のやりがい、仕事の苦労から喜びまで、毎日の仕事内容もふまえてお伝えします。阪急ベーカリーで働いてみたい方、パン作りに挑戦したい方、美味しいパンで幸せを届ける、スタッフの声をご覧ください。

Person

同期や先輩、上司に助けられながら今の私がある。
単純作業だけじゃないからこその難しさもあるけれど、自分の意見を持って、意見を言える環境があるのでやりがいをもって仕事に取り組めます。

安井 友美果
製造第1課
成型ライン リーダー
安井 友美果
2016年入社

大量生産の難しさ。効率よく仕事を進めることの大変さ。
それも手作りだからこそ。1歩先2歩先を考えて仕事を行う面白さがあります。

入社後の配属先は製造第1課でした。私は製菓系の専門学校に通っていたので、手作りパンの配属になってうれしかったです。でも、学校と違うのは大量生産だということ。全ての商品を同じ大きさ同じ品質で作らなければならないのは、手作りだからこその難しさです。1人でも多少のばらつきが出てしまうこともある中、それを複数人で行うので、だれが作っても何人で作っても同じ大きさ・品質のパンに仕上げるというのは本当に難しいです。
また、形を揃えるだけでなく「限られた時間の中で予定時間に遅れることなく作る」というのも、効率的に業務を行うために、どのような順番で作ったらいいか、考えに考えを重ねて指示を出さないといけないので、手を動かしながら、常に周りの状況も把握して業務を進めないといけないという難しさもあります。すごく大変ですけど、予定通りにできたときの達成感はひとしおです。私自身、過去のアルバイト経験が役に立っているなと感じています。1歩先2歩先を考えて仕事をするということを経験してきたので、それを今の仕事でも活かして、次の予測を立てて効率的に進められるように計画するというのが私にとっての面白みの一つです。

自分で考えてパンを作ることができる。
新しいことを知ることの楽しさ、チャレンジできる面白さ。
考えること、チャレンジすることを続けられるので、やりがいにも成長にもつながっています。

野口 隆治
製造第2課
ADライン
野口 隆治
2018年入社

様々な部門があるから、たくさんのチャンスがある。いろんな部門と協力していくことで、『きれいないい状態のパン』を作れるのが楽しくもあり、やりがいでもあります。

就職活動中の会社説明会で阪急ベーカリーに出会いました。他の企業様では、手作りパンか機械製造、どちらか一方の事業の企業様が多い中、阪急ベーカリーは両方の部門があり、多様な形でパンを作っているという点に興味を持ち、両方に携われるチャンスがあるという点が魅力でした。
入社後は、製造第2課(機械製造の部門)に配属になりました。機械で冷凍パン生地を作るのですが、これが結構難しい・・・
手作りの成型は、生地状態によって丸めの強さを変えたり、作業速度を速く・遅くしたりできますが、機械成型の場合はそれを簡単に変えることができないんです。大量の生地を一度に投入するので、そのすべての生地に最適なスピード、丸めの設定値を入れないといけない。昨日の設定値がそのまま今日使えるというわけではないので、日々生地の状態を見て、その生地に合わせて機械操作します。また、生地状態だけでなく、できあがったパン生地の袋詰めの状況も見ながら、成型スピードを変えないといけないので、難しさもありますが、自部門のことだけでなく、様々な部門の状態も見ながら、自分で考えて仕事ができるので楽しくもありますし、それがやりがいでもあります。

店長として、お客様に喜んでいただけるパンを作りたい。
頼りになる上司と助けてくれるお店の仲間。店長としてスタッフとの信頼関係を大切にしています。

瀬木 万理香
店舗営業課
ブーランジェリーアン 宝塚阪急店長
瀬木 万理香
2015年入社

自分の提案した商品だからこそ愛着を持ってお客様におすすめできる。
商品開発に自分の意見・提案ができる環境だからこそ、自信をもっておいしい!とお伝えできます。

阪急ベーカリーは商品開発に店長が携われることが特徴的かなと思います。当社では、商品開発の会議に店長も参加して、自分のお店で販売したい商品や食材、生地について等、細かく提案することができます。だからこそ、市場の情報や流行等、お客様が求めている商品について日々勉強しないといけないです。自店のお客様の動向にも理解を深めていないと、売れない商品の提案につながってしまい難しいです。ですが、自分達で提案した商品が形になって、実際にお店に並ぶことは嬉しいです。自信をもって商品をお客様におすすめできます。自分が「いい!」と思った商品でも、なかなか売れない悔しさも時々あります。たくさんのお客様に商品を手に取っていただけたり、「美味しかった」とお声をいただいたときは、本当に嬉しいです。そして、やりがいに繋がります。
今後は、いろんなお店を経験してみたいと思っています。お店によってお客様層や、繁忙時間、売れ行き商品が違うのでいろんな店舗で経験を積みたいです。新しいことを学んで、お客様に喜んでいただけるパンをたくさん売っていきたいと思います。