スタッフインタビュー

学童保育の体験からふくらんだ夢のカタチ。

【保育士】Tさん
南清水保育園
経験の先に保育士の仕事がありました。

私が保育士を目指したのは、両親の仕事が忙しかったこともあり、小学生の時に学童保育に通っていたのがきっかけです。その時、一緒に学童保育に通っていた同じ年の友だちと「学校や保育園の先生になれたらいいよね」と話をしていたのが自分の中に残っていたのだと思います。
 
教師や医師、それから看護師や保育士を目指す人の中には自分の体験がルーツになっていることが少なくありません。学童保育は上の学年の子が下の学年の子の面倒を見るのですが、先輩にしてもらって嬉しかったことや、楽しかったことを後輩の子に受け継いでいく喜びが自分の中に根付いていたのだと思います。

 阪神共同福祉会では年齢ごとにクラス分けする横割りのクラスの他に年齢を考慮しつつも様々な年齢が一緒に過ごす縦割りのクラスを設けています。そのあたりも、学童保育での経験を生かしながら、様々な人間関係の中で育つ子どもたちの社会をつくっていくため日々工夫しています。

理屈だけでは決してわからない居心地の良さ。

【保育士】Iさん
善法寺保育園
施設見学で「ここがイイな!」と直感で思いました。

私は岡山県で2年保育士を経験して、結婚して関西に引っ越してきたタイミングでこちらに来ました。阪神共同福祉会の保育園で働きたいと強く思ったきっかけは「施設見学」です。働く前に自分の中で考えていた保育園がいくつかあったのですが、ここは先生同士で声を掛け合う時に気軽に声をかけ、とても優しい雰囲気があって、募集の広告だけでは伝わりづらい人や園の温度を感じることができて、率直に「いいな」と思いました。

 やはり保育士の資格をお持ちの方が職場を探すとき、保育士同士の仲の良さや園の雰囲気は重要なポイントになると思います。

子どもが好きという気持ちが最初で最大の一歩。

【保育士】Nさん
善法寺保育園
男性保育士が働く現場をまずは見てみてください。

一概には言えませんが、男性の平均年収でいけば保育士はたしかに他業種に比べると低く、転職するなどして業界的に男性保育士が減りつつあるのは事実です。しかし給料がいいという条件だけで一生の仕事を選ぶかというと必ずしもそうではありません。子どもの成長を間近で見て、保護者の方や職員と共に喜んだり共に悩んだり、みんなで子どものことを考えられる、そんな環境にやりがいを感じられる仕事で続けている理由の一つでもあります。

 性別や年齢、保育士としてのキャリアや役職にとらわれず円滑なコミュニケーションが取れる環境など男性保育士の姿を実際に見ることで、ご自身がその中で仕事をしているイメージをより明確にできるはずです。ぜひ阪神共同福祉会の施設見学にご参加ください。

調理師はどこで働いてもたいして変わらないと思っていませんか?

【調理師】Yさん
善法寺保育園
子どもたちとの距離が近いから、自然と笑顔がこぼれてしまいます。

前職は学校給食の調理員として働いていましたが、身近に子どもとの関わりをもちたいという気持ちで働き始めました。ここは子どもたちがいる部屋や園庭と厨房の距離が近いので窓から食材が見えると「今日のおやつはな~に?」と嬉しそうな顔を見せてくれたり、お昼の用意を始めるとお出汁の匂いを嗅ぎつけてのぞきに来てくれたりして、つい微笑ましい気持ちになります。

 保育園の方針によっては手弁当であったり外注であったりというところもあるようですが、阪神共同福祉会の保育園では、子どもたちの側で作ることで、かかわりをもち、出来上がりを楽しみにしている様子が伺えます。そして給食は保育士も含め、一緒に食べています。同じものを食べ、食卓を囲み「美味しいね」という声を聞くと、作っている私たちにも熱が入ります。

誰でも最初は一年生。子どもたちと一緒に私も成長できました。

【保育士】Oさん
南清水保育園
あっという間だった初年度を振り返ってみて。

私は短大を卒業して就職したはじめての職場が阪神共同福祉会です。
このあたりで育ち、住み慣れた環境にあるのは不安も少なく嬉しいです。保育士になりたいという気持ちは小学生、中学生の頃からなんとなくありましたが、しっかり「目指したい!」と思ったのは高校生の時でした。保育士という仕事が自分にできるのかなという不安もありましたが、進路を考えた時に「保育士がしたい」と強く思いました。

 次の四月で働きはじめて丸一年になりますが、振り返ってみるとあっという間でした。就職してすぐに2歳児のクラス担任をさせてもらいましたが、実際に働いてみると学校で習ったことが活かせなかったり、知識だけではカバーしきれないイレギュラーなことが起きたり、とにかく目の前のことに精いっぱい向き合った一年でした。

子どもの食事は栄養を摂るということ以外にも大きな意味を持っています。

【調理師】Aさん
南清水保育園
子どもたちの笑顔に元気をもらいながら。

前職は給食センターで学校給食の調理師として16年勤めていました。
給食センターは大人数の給食を調理する為、食材も多く、力仕事も頻繁にありました。阪神共同福祉会の求人を見たのはちょうど体力的にも辛かった時期で子どもたちを身近に感じて働ける雰囲気にとても惹かれました。

 私には孫がいますが、離れて暮らしていて顔を見る機会があまりないので、同じ年頃の子どもたちが近くにいるのはやっぱり嬉しいです。
みんな本当に元気いっぱいで、はしゃいでいる顔や笑っている声を見聞きするだけでこっちまで元気をもらえます。
昨年、プライベートで少し落ち込む時期がありましたが、そんな時でも子どもたちがにこにこ笑って話しかけてきてくれたおかげでだいぶ気も紛れて助かりました。

僕が入職する前から男性保育士さんが活躍していたため、気兼ねなく『保育士』として挑戦することができました。

【保育士】Kさん
正規/南清水保育園
男女問わず活躍できる職場です。

保育士というと女性の仕事のイメージが強く、男性保育士の採用をしていないところがあるという噂もありますが、この園は違います。僕自身、10年以上勤めていますが、それより前から男性保育士さんが活躍していました。
だから、僕も今こうして他の先生や子どもたちと一緒に日々を過ごすことができています。
男性だから、女性だからと言う差はありません。
女性の先生よりも力仕事の場面では頼られることはありますが、基本的にはみんなで協力しながら子どもたちの成長を見守り、時に支えています。

新卒で入職したので勤続1年程度ですが、親しみやすい先輩たちのおかげでスグに打ち解けられました♪

【保育士】Iさん
正規/南清水保育園
言葉や噂だけでなく、実際に見て感じてもらいたい保育園です。

南清水保育園で実習に取り組んだ時から先輩たちの仕事に対する想いや雰囲気、のびのびとしながら成長していく子どもたちの姿をみて、「ここで働きたい」と決めました。

実習で訪れる前までは、
「今まで頑張ってきたことが通用するのか」
「私にできるのか」
色んな意味でドキドキしていました。
ですが、自分の目で見て職場を体感することで不安はなくなりました。
ただ迷うのではなく、行動してみて良かったと感じています。

気が付くとひょっこり顔を出してくれている子どもたち。 料理を食べてくれる子たちを側で感じながら働いています。

【調理師】Nさん
正規/南清水保育園
少人数でたくさんの料理を作るのは大変ですが、心強い仲間がいます。

現在、調理員として活躍しているのは私を含めた3名です。特に誰がこの仕事をする!といった決まりごとはありません。声を掛け合いながら、手が空いたら次のことに取り組み、時間内に料理を作っています。
お昼ごはんに間に合わせるため、午前中は忙しいですが午後は比較的落ち着きます。
翌日の仕込みをしたり、子どもたちの顔を見に行ったりしています。
子どもたちはもちろん、先生たちとも話せる機会があるので、意見交換をするなど良い刺激がたくさんある職場です。