Interview スタッフ座談会

スタッフ座談会

報恩会で活躍するスタッフをご紹介します。 報恩会で活躍するスタッフをご紹介します。

今回は、パーマリィ・イン西神春日台本館と別館(華邸)で働くスタッフにお話を伺いました。
新卒入社、パートから正社員へ、同業からの転職で、など入社のきっかけもキャリアも異なるメンバーが、仕事のやりがいや苦労、今後の目標に関して本音でお伝えします。。

転職のきっかけは何ですか?
ここに来る前はずっと在宅介護の仕事をしていました。介護のスキルを広げるためにちがう施設での経験もしてみたいと思っていたところ、パーマリィ・イン西神春日台華邸のオープニングメンバーの募集を見つけて応募しました。
育児が落ち着いて仕事を探していたので、家から近くて働きやすい職場だったことが決め手になりました。
以前は特養(特別養護老人ホーム)で働いていましたが、どうしても日々の業務をこなすことがメインになってしまって、利用者様とコミュニケーションを取ることが難しかったんです。一人ひとりと深くふれあいながら、自分自身のことも知ってもらえるような介護をしたいと思い、ケアハウスを選びました。
介護の仕事に興味を持った理由は何ですか??
子供がまだ小さいときに、ずっと続けていけるような資格を持とうとヘルパー2級から勉強を始めたのがきっかけです。
介護士は高齢化の時代で求められるお仕事だと感じたのと、私自身が小さいころから祖父や祖母にかわいがってもらってきて、お年寄りの方と接するのが好きだったんです。
もともとボランティアが好きで、就職活動のときも企業の営業職や販売職には興味がなくて、公共サービスに関わろうと決めていました。社会的に弱い立場の人たちにサービスを与えるような仕事がしたくて、介護だったら障害をお持ちの方やお年寄りの方と直接関われると思ったからです。
スタッフ座談会の様子
スタッフ座談会の様子
お仕事で苦労するのはどんな点ですか?
転倒リスクがある利用者様を見ているとハラハラするのですが、かといって「動かないでくださいね」とも言えないですし、注意して見守るようにしています。利用者様によってはスタッフに対して好き嫌いがあったりして、つらいですが嫌な顔をされることもあります。
ケアハウスの場合、すべての動作に介護を必要とされる方もいれば、何でも自分でできる元気な方もいらっしゃいます。一人につきっきりになってしまうと、「あの人は自分では何もできない人だ」と思ってしまう方もいて、フォローの仕方に悩むこともあります。
どんなときにやりがいを感じますか?
利用者様やご家族の方から「ありがとう」といっていただいたり、ADL(日常生活動作)が落ちて食べることすらままならなくなった方が、再び食べる動作を思い出してご自分で食事をされるようになったときには喜びを感じます。
「よく頑張っているね!」とねぎらいの言葉をいただいたらうれしいですね。1年も一緒にいると「レクリエーションであんなことやったね!」と思い出を語り合うこともできます。
たこやきパーティーなどのイベントを開催して、「おいしかったよ」とか「もっとこんなことがしたい」と率直な意見や感想を聞くとやりがいを感じます。利用者様も毎月レクリエーションを楽しみにしていますし、私もお花見や初詣などのお出かけイベントは思い出に残っています。
先日ケアハウスの施設内で駄菓子屋さんを催しました。屋台を設置してそこに値札をつけたお菓子を並べて、利用者様はふだん外出する機会が少ないので、久しぶりの買い物にみなさん楽しまれていたみたいでうれしかったです。
スタッフ座談会の様子
スタッフ座談会の様子
仕事を通じて成長したところは?
社会に出て初めての仕事でしたし、介護についてもまったく勉強せずここに来たので、最初のころは「夜勤なんかできるかな」「1人でうまくやれるかな」って不安で、専門用語さえもまったく理解できなかったです。私自身が祖父母と一緒に暮らした経験もなく、病院で入院している身内もいないので、利用者様に何を話しかけたらいいか戸惑ってしまって、まさに1からのスタートでした。今では介護の技術なども身に付いてきましたが、課題もたくさんあります。たとえば体調不良の方がいてもすぐに気が付いてあげられず、先輩方に指摘をもらって初めて「そういえばそうなのかな」って腑に落ちます。みなさん介護歴が長いので、どこを見たらいいのかなど適切なアドバイスをもらっていますが、まだまだ未熟なので経験からくる勘みたいなものは難しいですね
当初この施設に来たときは特養で働いていたころの癖が残っていて、必要以上に利用者様のそばで見張ってしまって、うっとうしがられたこともあります。ケアハウスで働いてはじめて、利用者様一人ひとりの特徴やその人との関わり方を考えるようになりました。施設の特徴に合わせて、これまで培ってきた介護に対する考え方を変えていくのは苦労しましたね。
してあげたいことはたくさんあっても、業務に追われてしまってやりたいことが実現できていないのがもどかしいです。本当は利用者様一人ひとりを見てあげたいのですが、自分の仕事が追いつかないんです。
仕事をする際のこだわりや意識していることは?
前職では訪問介護をしていたので、基本的には一人で動いて事務所に帰ってから上司と情報共有をしていましたが、ここにはフロアに職員がいて、わからないことはすぐに教えてもらえるので知識やスキルを吸収しやすい環境です。ベテランの方の介助を見ていると、忙しいなかでの介助の仕方に無駄な動きがなかったり、利用者様の負担にならないような介助など、とにかく学ぶことが多いんです。たくさんの人と一緒に働くメリットを活かして、わからなかったらすぐに聞く、自分にできていないことを盗んでいこうという意識は常に持っています。
利用者様との信頼関係です。対応が難しい方でも少しずつ信頼関係ができてくると介護もしやすくなります。目上の方なので敬語できちんとお話をするのが基本なのですが、親しくなってくると冗談を話したりしながら、距離を縮めていくこともあります。今まで頼んでくれなかったことを気軽に頼んでもらえるようになったときには、心を開いていただけたかなって実感します。
話すときに笑顔だったら利用者様もリラックスできると思うので、なるべく声のトーンを上げて笑顔で話すようにしています。
スタッフ座談会の様子
今後の目標は?
家庭と仕事の両立ですね。まずは毎日の仕事をしっかりと果たしていきたいです。
ケアマネージャーの試験に合格したいです。試験のために学んだ内容は、業務にいかせることも多いので、しっかりと知識をつけていきたいと思います。
とにかく続けていくことです。介護の仕事は生活的にも不規則になりがちですし、いろいろな心境や様態の利用者様と接するという面では、自分のバランスを取るのが難しいなと思うこともあります。人と接するという意味でも、思い通りにはいかないことも多いですが、そこがこの仕事の大変な面でもありやりがいでもあります。
1年やってみて、確かに介護の仕事は大変なことも多かったですが、介護福祉士の資格は取りたいなと思っています。その先は介護の経験をいかして、別の福祉の仕事に挑戦してみようと考えています。人のためになる仕事にやりがいを感じているので、ここで培った経験をいかしながら幅広く道を広げていきたいなと思っています。