スタッフインタビュー

探究心と観察力を発揮し、利用者様の想いを叶えたい。

石崎啓子
ケアマネージャー
介護は人ありきの仕事。みんなで一緒に考え、より良いケアを提供。

福祉・介護系の道に進もうと介護の専門学校に進学しました。入学当初は障がいをお持ちの方のサポートを希望していましたが、実習でお年寄りの方が私のお世話に対し喜んでくださっている姿を見て、高齢者の方のケアを希望するようになりました。通いやすさと、未経験OKだったところ、常務をはじめ、職員みんなの人柄に惹かれたことが入職理由です。職場は明るい雰囲気で、1日1回は大笑いするほど気さくな職員が揃っていて毎日楽しく、リラックスしながら働いています。現在の雰囲気を大切に、もっと地域の方に根づけるような施設にしてきたいです。

利用者様の思い描く生活ができるように、そっと支えています。

小篠晃佳
介護スタッフ
相手の立場に立ち、創意工夫を重ね、より快適な暮らしを届けています。

自分の将来を考えたとき、高齢者の割合が増え、これからますます重要性が高まる介護業界の転職を決意しました。現在介護職として、自分がされたら嫌なことはしないことを心がけています。前職は保険の営業を15年ほど経験していて、介護の世界は未経験でしたが、先輩職員が丁寧に教えてくれたので、半年ほどで、一通りの仕事ができるようになりました。また、未経験の職員でも携わりやすい食事の配膳などを入職後の比較的早い段階から任され、どうすれば利用者様にとってより便利になるかを考えながら働けたことも成長する上で大きかったと思っています。