スタッフインタビュー

臨床検査技師

検査部
臨床化学課 係長
保田 剛志

勤続年数:16年

医療を支える、スペシャリストを目指して。
幅広い検査項目に関われる、最高の環境です。

入社して、本当によく勉強するようになりました。
経験を積み、自分の知識をさらに深めていけるやりがいがあります。

私は栄養学部がある大学に通っていたのですが、
授業の中で臨床検査についても学ぶ機会がありました。
医療を支えている臨床検査のことを知れば知るほど興味が湧いて、
臨床検査技師を志すことにしたんです。

弊社を選んだ理由は、多くの検査項目を検査していて、
自分のスキルアップに繋がる環境だと思ったからです。
入社後は生化学部門の血液検査担当となり、
現在は糖尿病などを判定するグルコースとヘモグロビンA1cについて検査を担当。
また、自分の担当業務以外の検査も、勉強のために積極的に関わり
なるべくたくさんの経験を積むようにしています。
臨床検査の知識を深めていけることが、私のやりがいです。

向上心があれば、どんどん成長の機会を与えてもらえます。
お客様のニーズに応えられる『スペシャリスト』になりたいです。

日々の努力を認めていただけたと感じたのは
年に数回行われる学会での発表者に指名された時です。
学会では、検査データから患者様の状態を考え、
議論を行う“R-CPC”を任せていただきました。
自分が知らなかった項目、検査データから考えられる疾患など
勉強し直すことがあり、臨床検査技師として成長できたと思います。

弊社には、通常の検査業務に加え、色々な検査を学ぶチャンスがあります。
私は、それらの経験と学んだことを活かし、お客様(医療機関)からの
どんなニーズにも応えられる『スペシャリスト』になりたいと思っています。
お問い合わせに対して、確認してから連絡し直すこともまだありますが、
どんなことを聞かれても、即座に的確な答えを返せる。
そんな臨床検査技師を目指しています。

<< 戻る
ページの先頭へ