TOP > お知らせ > 事例研究発表会

当事業団では、職員の専門的能力を高めるとともに、事業団施設で蓄積されたノウハウや専門的な支援技術等の外部への普及啓発を図るため、毎年利用者支援における先駆的・効果的な取り組み等の事例研究発表会を行っております。
平成29年度の実施状況は下記のとおりです。

児童養護施設(日時:平成30年2月)

実施内容

<基調講演>
「虐待経験のある子どもへの治療的ケア」
子どもの虹情報研修センター 研修課長 中垣 真通 氏

<事例発表>

(1)

連携型専門ケア機能モデル事業経過報告

(2)

「問題行動を起こす児童への職員の関わり方、支援方法について」

(3)

「社会資源が必要な児童の自立支援
~後ろ盾がなく、障がいなどの生きづらさを抱えている児童について~」

(4)

「問題行動が頻発する児童と共に歩む支援」

<助言者>
子どもの虹情報研修センター 研修課長 中垣 真通 氏

障害者(児)施設(日時:平成30年2月)

実施内容

<基調講演>
「利用者本位の支援のあり方ー意思決定支援を中心に考えるー」
埼玉大学 教育学部 准教授 宗澤 忠雄 氏

<事例発表>

(1)七生福祉園

「知的障害者入所施設における健康診断とは~健康診断から健康支援へ~」

(2)千葉福祉園

「自閉症の方への日中活動支援の再構造化について
(Sさんの生活スケジュールの見直しや拘り行動の軽減)」

(3)八王子福祉園

「S様の心地より時間・空間を目指して」

(4)東村山福祉園

「充実した生活をめざして」

(5)日野療護園

「記憶障害を疑われる方への支援」

(6)七生福祉園

「Aさんの生活改善について~ストレングス(強み)に注目した支援に通して~」

(7)八王子福祉園

「感染予防の取り組み」

<助言者>
埼玉大学 教育学部 准教授 宗澤 忠雄 氏