スタッフインタビュー

プラスαの時間を通して、利用者様の心を支えたい。

H.Aさん
介護老人保健施設 旭陽(あさひ)
看護副主任 正職員
2018年3月 入職
相手の立場に立った声かけで、強い信頼関係をつくっています。

以前は、透析専門のクリニックで働いていましたが、家族が体調を崩したのを機に、自宅から通いやすい場所への転職を考えていました。また、クリニックでは処置以外で患者様と関わる時間が少なかったので、次は患者様との関わり合いをもっと増やせる場所で看護にあたりたいと思っていたところ、『桑の実園福祉会』の求人を見つけ入職することに。現在は副主任として、利用者様の健康管理や医療ケアなどの看護業務に加え、シフトの作成や看護部内での報告の取りまとめ、各部門への伝達などを行っています。
利用者様においても職員においても、いつも心がけているのは、相手の立場に立った声かけをすることです。元気がなさそうであれば「大丈夫?」と聞いてみたり、屋内にこもりがちの方でしたら屋外への散歩に誘ってみると、自分の想いを打ち明けてくれる方も多く、信頼関係がより濃くなるように感じています。利用者様の中には在宅復帰を目指す方も多いため、介助を必要としていた方がご自身でトイレへ行けるようになるなど、日常生活の中で喜びを感じられる機会が多いです。目標を達成する姿や元気になってご自宅へ帰られる姿を見ることが、やりがいにつながっています。

利用者様と過ごす何気ない時間こそ、一番大切だと気づきました。

看護師になりたてのころは、病院以外の場所で働くとは想像しておらず、「高齢者施設ってどうなんだろう…」とさえ思っていました。ですが、いざ働いてみると、散歩へ行ったり何気ないお話をするなど、利用者様と触れ合う時間が私にとっては一番大切だったのだと気づかされました。病院から介護施設へと、環境は180度変わりましたが、飛び込んで良かったと思っています。それに介護施設で働くことで、新しい目標もできました。今は看護師としての目線しか持ち合わせていませんが、これから介護のスキルも身につけ、看護以外の視点からも利用者様を支えていけるよう、ケアマネジャーなどの福祉関連の資格を取得していきたいです。そうしたスキルアップを、当法人は全面的にサポートしてくれます。資格取得費用の全額補助の他に、外部研修への参加も法人全体で推奨しているので、入職してから多くの勉強会に出席できました。自分なりの目標を見出したり、利用者様とのふれあいの時間をとりやすいのも、『桑の実園福祉会』ならではの大きな魅力だと思います。

「できない」から「できる」へ。そんな感動や喜びに出会えます。

K.Tさん
介護老人保健施設 旭陽(あさひ)
介護職 リーダー 正職員
2013年4月 入職
リーダーとして、職員の声を届ける架け橋であり続けたい。

介護の仕事を選んだのは、ご年配の方と過ごす時間に安心感を覚えたからです。学生のころは保育士を目指し、保育施設にも実習へ伺ったのですが、自分が一番しっくりきて焦らず行動できたのが、ご年配の方との関わりが多い介護施設での実習でした。中でも『桑の実園福祉会』は、希望していた介護老人保健施設も運営していましたし、先輩たちの姿や実務を通し、施設の良さも感じられたので入職しました。
老人保健施設『旭陽』で勤務し8年。現在はリーダー職に就いています。職員みんなをまとめる立場ということで、いち職員だったころに比べ、より一層、責任感や使命感を感じるようになりました。利用者様が快適に過ごせる環境をつくるためには、私自身が現場の声を施設長などの役職者や他職種へ届けるパイプ役となり、スムーズな連携が取れるよう取り計らうことが大切だと思っています。ですので、常に利用者様の一番近くでケアにあたる職員たちの意見や考えには耳を傾けるようにしています。声を聞くという点では、利用者様に対しても同じです。知らない場所で生活を送ることに不安を抱えている方もいますので、じっくり相手の話を聞き不安を和らげるなど、心のケアにも重点を置きながらサポートにあたっています。

利用者様の「良い裏切り」に、感動を味わいました。

これまで、利用者様からの「ありがとう」や「頑張り!」といった言葉にたくさんの喜びや活力をもらってきました。『旭陽』で働き出すまでは、高齢の利用者様の機能の回復を見る機会は滅多にないだろうと思っていましたが、入職からあまり日が経たないうちに、固定概念を覆される出来事を経験しました。介助なしでは着替えられなかった方が徐々に留められるボタンの数を増やし、「忙しそうやったから頑張ったんや!」と最終的にはご自身で着替えられるまでに回復する様子を見られたんです。そのときは本当に驚きましたし、イキイキと話す利用者様の姿を見て感じた喜びや感動は、今でもよく覚えています。大変なことも多いですが、介護の仕事は可能性が広がる瞬間にたくさん出会えるので面白さややりがいを感じています。
職員一人ひとりの活躍で支えられている『旭陽』。中にはベトナムの方もいるのですが、最初は日本語さえおぼつかなかったのが、今では会話も介助もスムーズにできるまでにスキルアップしています。そうした、後輩の成長はとても嬉しく、心強い仲間が増えたなと頼もしさも感じさせてくれます。これからも成長し合える仲間と一緒に、利用者様や職員にも笑顔があふれるような明るい施設をつくっていきたいです。

入職から5年で管理者へ。 よりよいケアを仲間と目指します。

S.Sさん
看護小規模多機能型居宅介護事業所 ひだま里
小規模多機能型居宅介護事業所 小たつの家
上記2事業所の管理者 正職員
2008年4月 入職
自分次第でどんどん学び、成長できる環境です。

介護の道を選んだきっかけは、大学に在学中に取得した資格を活かしたいと思ったからです。地元に根差す桑の実園福祉会は法人の規模も大きく、知名度が高かったので私も知っていましたし、「さまざまな経験を積みたい」「キャリアアップできる環境で成長したい」といった想いを後押ししてくれる職場だと感じました。
入職後はデイサービス、デイケア、小規模多機能型居宅介護と、さまざまなケアの形を現場で学び、介護職から生活相談員、さらには管理者とキャリアを磨いています。年齢や勤続年数を問わず、がんばりを正当に評価してもらえる風土があるので、常に高いモチベーションで働けます。「利用者様からだけでなく、ご家族の方にも頼りにしていただけた」など、管理者になってからは職員からうれしいエピソードを聞ける機会も増え、あたたかいふれあいを実感しています。

みんなが楽しめる職場づくりに注力しています。

私たちがなにより想っているのは、利用者様に毎日を楽しく過ごしていただくこと。そのためにはまず職員がより楽しく活躍できる環境をつくっていくことが、管理者の役割だと考えています。よいこともそうでないことも含めて職員間が何でも話しやすい関係を築いていけるように“気づきシート”を導入し、利用者様のこと、業務のことなど、意見や感じたことを仲間に伝えやすく、共有しやすい工夫を実践しています。また1日3回の申し送りも、業務の引き継ぎを担当者が1対1でするのではなく、出勤メンバー全員が集まることで充実化を図っています。
どの業務においても、できる人は「どうすれば相手に伝わるか」を考えながら説明し、一方でこれから習得していく人は「どうすればできるようになるか」を自分自身でイメージしながら先輩の姿を見て学んでいます。お互いが受け身ではなく、歩みより高め合える風土があるので、一人ひとりがやりたいという気持ちで意欲的に仕事に臨むことのできる環境だと思います。