ロゴスショップで働く

「ロゴスのモノづくりのこだわり」

“欧米のキャンプ文化を日本にも広めたい”という思いから1985年に「LOGOS」ブランドは始まりました。陸なら標高800M以下、海なら水深5Mまで。あくまでプロフェッショナルの領域には踏み込まず、気軽に自然と触れ合える場所で使用できる商品がロゴスの商品ラインナップです。私たちがつくるアウトドア用品を使うことでそこで生まれる思い出を、心から楽しかったと言えるものにしたい。日記や写真に、一つでも多くの思い出を残したい。そんな思いを持って家族向けのアウトドア用品を作り続けています。

「多岐にわたる活動内容とは」

ロゴスは年間100を超えるイベントに参加。キャンプ場での商品レクチャーはもちろんのこと、日本最大の野外音楽イベント「フジロック」にも参画、協力しています。また市町村と協定を結んだり、小学校内でキャンプ体験を試みるなど地域との連携も深めています。映画とのタイアップや、有名音楽フェスへの商品提供によるスポンサー活動、近年では、話題のグランピングを取り入れた「LOGOS Glamorous」をリリースするなど、取り組みを挙げるときりがありません。これからもどんどんユニークな仕掛けを続けていきます。

1.働き易さにこだわり有

家族と過ごす楽しい時間を演出するシゴトをする、といっている当社。だからこそ、一緒に働く仲間にも笑顔で働いていただくべく様々な制度を整えています。子育ての都合や学業に合わせシフトを調整することはもちろん、旦那さんの転勤に合わせた出勤店舗変更なども。アルバイトでも賞与が支給される仕組みや、忙しい土日への出勤が多い方への時給アップ制度、もちろん商品の割引制度もございます。商品割引を利用してアウトドア用品を自宅や休日のキャンプで使う人はとても多いんです。アルバイトから社員にステップアップをしていくことも、複業をすることも可能。その人それぞれのライフスタイルを大切にしています。

2.触って体験できるお店づくり

ロゴスショップはロゴスの世界観を伝える最前線です。ワンダーゾーンと言われるお子さま向けのスペースが有り、気がつけば、展示しているテントで子ども達のおままごとが始まっている。それを見つめる笑顔のご両親・・・。ロゴスショップではよくある光景です。来店していただいたお客様に楽しんでいただけるように、店内にはいつでも商品を季節に合わせてアウトドア用品を展示。ショップスタッフ発案の元、魅力的な店舗づくりをしています。

3.新商品が次々出るからこそ、飽きない

「世の中に無いものを創る」が当社のモットー。例えば「囲炉裏テーブル」という商品。仲間と一緒に火を囲み、座ったままバーベキューを楽しめるという優れもの。2015年にはLOGOS the KAMADOという、野外でBBQやダッチオーブン料理以外にピザまで焼けてしまう多機能万能調理グリルをリリースするなど、次々と新商品が生み出されていきます。店舗にはアウトドア用品以外にアパレルや雑貨なども販売されており、飽きずに勤め続けるスタッフも多いんですよ◎

★4.気づけばあなたもアウトドアマスターに?

「アウトドア未経験、接客経験なしでもOK!」で募集していますが、働いているとアウトドアのスキルや知識は自然と身につきます。店舗内の商品配置を動かすうちにスムーズにテントを立てられるようになったり、逆にお客様から以前のキャンプの様子を聞いたり・・・!休日にキャンプに出かけることも自然に多くなったり、その時にアウトドアスキルが上がっている事を実感したり。働いているだけで自然の中で過ごせる力が身に着く職場なんです◎人見知りだったけど、会話が苦ではなくなったというクルーもいます。それはきっと接客するというよりも「お客様とおしゃべりする」の方が感覚として近いから。
未経験でも大丈夫。あなたの応募をお待ちしています!