よくある質問 Q and A

みきゆうホームクリニック
  • よくある質問

QandA

質問
呼吸器疾患しか診ないのですか?
答え
いいえ、高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病でも糖尿病でもお越し下さい。特に呼吸器疾患に関しては専門的な診療を行いますが、呼吸器疾患以外の一般内科の診療も行います。ただし、こちらでより高度な専門医療を要すると判断した場合には、他の先生の意見を聞いたり、専門の先生に紹介をする事もあります。かぜでも腹痛でもお気軽にご相談下さい。その他の身体の問題につきましても遠慮なくご相談ください。
質問
どんな症状があると呼吸器の病気が考えられますか?
質問
禁煙外来は保険適用ですか?
答え
過去1年間に保険で禁煙治療薬の処方を受けていない方で、禁煙する意志があり、一定の喫煙本数および、ニコチン依存症と判断された方は保険診療が可能です。
詳しくはこちら
質問
初診なのですが、予約は必要ですか?
答え
予約がなくても受け付けは可能です。事前に下記よりご登録いただくと、よりスムーズに受診いただけます。
予約サイトはこちら
質問
健康診断も行っていますか?
答え
はい。職場や入社前、入学前の各種健康診断などお気軽にご相談下さい。
質問
予防接種はできますか?
答え
はい。インフルエンザワクチンをはじめ、肺炎球菌ワクチンなど各種対応しております。
主に成人向けワクチンに対応しておりますが、まずはお電話でお問い合わせ下さい。
質問
他の病院で手術を受けたのですが、リハビリはそちらでしてもらえますか?
答え
当院にて骨折、関節、腱、靭帯等の整形外科の術後のリハビリを行うことができます。リハビリをご希望される際は、病院の先生に診療情報提供書を用意していただき、ご持参ください。
質問
整形外科と整骨院は何が違いますか?
答え
整形外科は医師であり、整骨院は柔道整復師です。整形外科医は内科医や外科医と同じく6年間医学部で勉強した後、医師国家資格を取得します。医師は診察行為(診断・投薬・注射など)を行うことができます。したがって医師はレントゲンや超音波装置、MRIなどを用いて、医学的な診断を下すことができます。
質問
すり傷や切り傷などのケガも診てもらえますか?
答え
整形外科は運動器の疾患を扱う診療科です。スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などによる外傷のほとんどは整形外科の疾患です。切創、挫創などのケガ、打撲、捻挫、骨折、脱臼、関節損傷、脊髄損傷、開放骨折、切断指・肢などは、整形外科が扱います。
質問
ひざに水がたまったら水を抜くと癖になるって本当ですか?
答え
膝の水を抜いてもクセにはなりません。膝に溜まる水は変形性膝関節症の急性期や半月板や靭帯、軟骨、骨の外傷等で炎症を生じたとき、体の防御反応としてつくられます。炎症が収まれば、水は吸収されます。 しかし、水を抜いても炎症が収まらない限り水はまだ溜まります。万一、膝に水が溜まった場合、軽度であれば経過観察で良いと思いますが、疼痛や多く水が溜まっている場合は疼痛の長期化、関節拘縮、筋肉の萎縮につながりますので、水を抜くことをお勧めします。