診療内容 Services

みきゆうホームクリニック
  • 睡眠・いびき外来 - 診療内容詳細
睡眠・いびき外来

睡眠・いびき外来について

様々な症状(睡眠中のいびき・呼吸停止、昼間傾眠、頭痛など)や合併症(高血圧、糖尿病、心筋梗塞、不整脈、脳卒中など)を伴う睡眠障害の代表である睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)という疾患を主に診療しております。 肥満により上気道へ過剰に脂肪が沈着することが原因の一つとされていますが、肥満でない方も約30%にも発症しており、誰しもが発症し得る病気であると言えます。激しいいびきや睡眠中に10秒以上呼吸が止まっていませんか?日中に強い眠気がありませんか?十分な睡眠をとっているつもりでも、無呼吸であるために脳や身体が休むことができず、昼間の眠気や疲労感が増し日常生活に影響を及ぼすだけでなく、交通事故などの重大な事態を誘発することさえ起こり得ます。
また、高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病のリスクを高め、放置すると生命に危険が及ぶことがあります。診断がつけば、寝ているときに鼻にマスクを装着し、空気を送り込んで、気道を押し広げてのどの塞がりを防ぐ治療器(CPAP:Continuous Positive Airway Pressure)を装着して、睡眠時無呼吸を予防します。