診療内容 Services

みきゆうホームクリニック
  • 整形外科 - 診療内容詳細
整形外科

整形外科について

整形外科は、骨、関節、靭帯、腱、神経、筋肉など人体の 運動器官を扱う分野で、先天性、外傷性、感染性などの疾患を扱います。ケガなどの治療の他に、リハビリテーション医療との連携を図った運動機能の回復を目的としたケアや、痛みを主とする疾患(神経痛やリウマチなど)、神経や骨の手術などさまざまな治療を行います。

診療内容

外傷一般

日常生活における小さなスリ傷、切り傷、打撲、脱臼、骨折など、症状が悪化する前にご相談ください。傷が残らない治療を心がけるとともに、人が本来持っている治癒力を高めることで回復を早めるケアを行います。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は骨の強度が低下する骨の生活習慣病で、50代以上の女性の3人に一人がなるとも言われる、非常に身近な病気です。痛みを伴わず骨折の連鎖が起こり、背中が丸くなっていくことで知られています。当院では骨を丈夫にして骨折を防ぐことを目的に治療を行います。また、骨の折れやすさの目安となる骨塩量の測定も可能です。

腰痛・関節痛(股・膝)

ぎっくり腰とも言われる急性腰痛症、椎間板ヘルニア、骨粗鬆症などさまざまな要因からなる腰痛に対し治療を行っています。当院では変形性膝関節症にヒアルロン酸注射を、腰痛に引き続いて発症しやすい坐骨神経痛に対しては硬膜外ブロックや神経根ブロックを投与することで、痛みの緩和・症状の改善を促します。

肩こり・五十肩

デスクワークや勉強など、日々の習慣の積み重ねで肩周辺の筋肉が凝る肩こり、肩の関節や関節周囲の靭帯、筋などに炎症が生じる五十肩。どちらの症状も肩が完全に動かなくなる前に早期の治療が大切です。肩こりは生活習慣以外にも、何らかの疾病が隠れていることもあるので、「これくらい…」と油断せず気軽に相談してください。

手・足の疼痛

疼痛にはケガなどの突然の病気からなる「急性疼痛」と、痛みが長期的に続く「慢性疼痛」があります。当院は腱鞘炎(ばね指)、手根管症候群、捻挫、外販防止、足底腱鞘炎など、あらゆる痛みに対して治療を行っています。また毎日の痛みを緩和するためコルセットなどの装具も作製します。

関節リウマチ

初期には手足の指の関節痛やこわばりが見られ、悪化につれて関節の変形が進む病気です。昔は「不治の病」とも言われていましたが、薬学の発展により治療効果が向上している現在では、発症初期からきちんと治療すれば、比較的短期間のうちに症状がなおります。早期治療が大切です。

痛風

尿酸が体の中にたまることで激しい関節炎を伴う病気です。尿酸値が高い状態(高尿酸血症)を放置することで、ある日突然母趾の付け根が赤く腫れ痛む症状が現れます。一度は治るものの再発を繰り返すことで、腎障害、尿管結石、心筋梗塞などを引き起こします。早期の治療を受ければ治る病気なので、放置せず早めの相談をおすすめします。

ペインクリニック

慢性的な神経痛に対し「痛み」を和らげるための診断・治療を行います。当院では治療法の一つとして神経ブロックを行っております。神経ブロックとは、痛みの原因である神経周囲へ局所麻酔を注射することで、神経を傷つけることなく痛みを和らげる治療です。注射を希望されない方には薬による治療、低周波、干渉波等のリハビリ機器を用いた物理療法での治療を行います。