診療内容 Services

みきゆうホームクリニック
  • 呼吸器内科 - 診療内容詳細
呼吸器内科

呼吸器内科について

急性・慢性の呼吸器疾患を診療。

呼吸器内科では、肺や気道等に関する疾患や症状を診療します。当院ではかぜ症候群、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、気胸などの急性疾患から、気管支喘息、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺結核、気管支拡張症などの慢性疾患まで、さまざまな呼吸器疾患の診断と治療、および管理を行っております。「咳が長引く」「痰が切れにくい」といった症状のある方は、肺癌や慢性気管支炎、COPD(慢性閉塞性肺疾患)といった呼吸器疾患が隠れている場合もあります。他にも呼吸器のことで気になることがございましたら、何でも遠慮無くご相談ください。

次のような症状を診療します

  • 発熱
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 喉の痛み
  • 息切れ
  • 呼吸が苦しい
  • 胸の痛み
  • 胸部の異常な影

診療内容

長引く咳

かぜ症候群やインフルエンザなどの呼吸器感染症の場合、咳は通常、徐々に軽くなります。3週間以上続く咳を「遷延性の咳」、8週間以上続いている咳を「慢性の咳」と言い、咳が長引けば長引くほど、呼吸器疾患の可能性が考えられます。呼吸器疾患は咳症状を呈することが多く、咳が8週間以上続いたらアトピー咳嗽や喘息、咳喘息などが疑われますので、早めの受診をお勧めいたします。

気管支喘息

気管支喘息は、アレルギーやウイルス感染など、様々な原因で気管支の炎症が慢性化し、気道が狭くなることで起こる慢性的な咳などの発作で、一般的に「喘息」と呼ばれています。空気の通り道である気道に炎症が起きる疾患で、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という症状(喘鳴)が特徴的です。気管支喘息の患者さんの気道は過敏になっており、アレルゲン(ダニやハウスダストなど)やウイルス、タバコや冷たい空気などによる刺激が加わると気道は狭くなり、咳が出たり息苦しくなったりします。
治療には、吸入ステロイドや気管支拡張薬などが用いられます。また喘息患者の約70~80%がアレルギー性鼻炎を合併しており、当院でもそれに対する治療を行っています。

気管支炎

かぜに併発することが多く、ウイルスなどの感染によりこの気管支の粘膜に炎症が起こり、咳や痰などの症状のほか、時に発熱、食欲不振、全身倦怠感といった全身症状がみられる場合があります。原因の多くはウイルスですから、根本的な治療薬はありません。鎮咳薬や去痰薬、消炎鎮痛薬などによる対症療法が中心になります。(インフルエンザの場合には抗ウイルス薬、細菌感染の場合は抗生剤が用いられることもあります。)

肺炎

肺炎とは、主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こす疾患です。呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合など、感染力が防御力を上回った時に病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染することが主な原因です。食欲の低下や脱水症を起こすこともあり、重症になると呼吸困難をきたすこともあります。がん、心臓病に続いて、日本人の死亡原因の第3位を占めています(平成23年人口動態統計)。

気胸

何らかの原因で肺の一部が破れて空気が漏れ、肺が空気に圧されて小さく縮んでしまった状態(虚脱)を言います。気胸の好発年齢は10~20代と高齢者の方で、背が高くて痩せた男性に多く、また患者さんの約7割が喫煙者であることが特徴です。気胸の症状は、突然の胸の痛み、乾いた咳、呼吸困難などです。重度の気胸、または再発を繰り返す場合にはブラ(嚢胞)を切除・縫縮することがあります。

肺がん

肺がんは、気管や気管支の一部の細胞が何らかの原因でがん化したものです。肺がんは進行するにつれて周囲の組織を破壊しながら増殖し、やがては血液やリンパの流れに乗って転移していくことが少なくありません。肺がんの一般症状は、ほかの呼吸器疾患の症状と区別がつかないことが多いため、なかなか治りにくい咳、血痰、胸痛、喘鳴、息切れ、声がれ、発熱などがみられる場合には受診をお勧めします。

COPD(慢性閉塞性肺疾患)

COPDは、タバコの煙などの有害なガスを長い年月にわたって吸い込むことによって、空気の通り道である気道(気管支)が狭くなったり、気道の先端にある肺胞(酸素と二酸化炭素の交換を行う組織)が壊れたりしてしまう疾患です。そのため、酸素を吸って二酸化炭素を排出する「ガス交換」の効率が悪くなり、息切れが起こるのです。進行した場合には、薬物療法だけでなく、呼吸リハビリテーションや在宅酸素療法(機械を使って、自宅で酸素を吸入する治療)が必要になってきます。
*当院では、「在宅酸素療法(HOT)」の導入、および指導・管理を行っております。