仲間の声

staff interview

めん茶屋 きなさ
レストラン・カフェ・MOMOキッチン

スタッフのチーム力が自慢のお店です!

吉岡 花菜さん
接客サービススタッフ
2016年入社
高校3年生のときに、はじめてのアルバイト先として『めん茶屋 きなさ』に応募。現在は大学生活と両立しながら、明るい笑顔と責任感ある姿勢で仕事にのぞんでおり、スタッフからの信頼も厚い。
店舗紹介
めん茶屋 きなさ
店名である「きなさ」は、長野県にある鬼無里地区が由来。信州そばや関西うどんの魅力を存分に味わえる自家製麺が人気で、自分でおろす風味豊かな生わさびもおいしさを一層引き立てています。年齢を問わず、気軽にお食事を楽しめるお店です。
お仕事について教えてください。
接客サービス担当として、お客様へのオーダー受けや配膳などの接客をメインに携わっています。ほかにも、開店前には野沢菜の漬物・薬味の盛り付けやそばつゆのスタンバイ、清掃、つり銭の準備。閉店後は後片付けとレジの清算業務も担当しています。最近では、後輩や新人の教育担当にも関わるようになりました。当店のスタッフは、未経験から始めたスタッフが多く、私もその一人。初心者の不安な気持ちがわかるから、手厚いフォローであせらず育てるように心がけています。ひとり立ちして、しっかり頑張ってくれている姿を見かけると指導に関われてよかったとうれしくなりますし、慕ってくれるとやりがいを感じますね。
お店はどのような雰囲気ですか?
ゆったりとした雰囲気があり、居心地の良さが魅力です。店内は広く、ベビーカーや車いすを利用される方にも便利なので、幅広い層のお客様がご来店されます。BGMとして童謡が流れており、小さなお子様が一緒になって歌いだすことも。ほほえましい瞬間に出会うことも多いので、自然と笑顔で働けます。スタッフは、お昼なら主婦の人ばかりなので落ち着いており、夜は学生中心でにぎやかです。どちらもチームとしての結束力が強く、忙しいときほど協力し合って業務に取り組んでいます。それに店長は学業との両立に理解があるため、シフトの相談も気軽にできますし、柔軟に対応してくれるのでテスト期間も心配いりません。アルバイトを通して、さまざまな年代の方とコミュニケーションが取れたので、今後の就職活動においてプラスになりました。
これからの目標を教えてください!
お食事を楽しまれたお客様が「きなさ」のファンになってくれるようなお店を、店長をはじめとした仲間と一緒につくっていきたいです。そのために意識していることは、小さな気配りで大きな喜びを生むことです。たとえば、各テーブルにあるお茶の残りを注意深く観察して、お客様にお声をかけられる前にお茶を注ぎ足すようにしています。「よく気が付くね」とお褒めの言葉をいただけるとうれしいですし、もっとできることはないかと考えるモチベーションにもなります。また、小さなお子様から「おねえちゃん、ありがとう。また来るね」と帰り際に声をかけられたときに、自分のお店に誇りを持ちました。お客様の笑顔を増やすために何ができるのか、また、どんどん後輩が増えているので、お姉さん的な存在として頼ってもらえるように、自分自身も立ち振る舞いを意識してスキルを磨き続けていきたいです。
取材日:2018年6月

仲間の声一覧に戻る

トップページ › 仲間の声 › めん茶屋 きなさ【接客サービススタッフ】吉岡 花菜さん