採用担当者メッセージ

  1. HOME
  2. 採用担当者メッセージ

採用ビジョン

「努力できる」は、貴重な才能です!ぜひ当社で開花させて下さい。

教育研修制度

入社後、すぐに2日間の新人研修を行います。
社会人として、『元廣』で何をすべきなのか。どんな責任があるのか。『元廣』の社員として、自覚を植える2日間です。
その後に、OJTを中心とした現場研修を実施。
これが半年間、続きます。店舗運営の基本である「接客」「調理」を徹底的に学んで頂きます。前職の経験をリセットし、『元廣』の考え方や目指すサービスを身につけて下さい。
さらに、本社で定期的に研修を行っています。
店舗で学んだことが、きちんと頭にも体にも染み込んでいるのか。スタッフそれぞれのレベルに合わせた内容で確認します。また研修は、社内はもちろん外部研修も積極的に行っています。人材こそが、当社を成長させる原動力!教育には力を入れています。

研修が終了したら、ようやく副店長を目指せるポジションへ!さらに試験を受けて、副店長へ昇格できます。店長になるには、さらに現場の経験を積み重ねる必要があります。先は長いけど、努力を忘れなければ着実にステップアップできますよ。

採用担当者のメッセージ

Name 川村 健一郎 Post 外食事業部 採用担当
Age 50歳 Year 25年
当社は京都に本社を置き、1921年創業の歴史ある企業です。外食事業部では「びっくりドンキー」・「丸源ラーメン」をフランチャイズにて展開しております。他にもオリジナルブランドの「かつ丼玄」やベーカリーショップの「マルモベーカリー」など計26店舗を運営しております。
当社は魅力的な正社員を育成したいと考えております。職場・家庭・プライベートのすべてのステージで輝いている人になって欲しい。当社で楽しい人生の第一歩を踏み出しましょう

チャレンジと真実の追求を企業理念としております。
繊維商社が外食へのチャレンジ!びっくりドンキーからのラーメン業界へのチャレンジなど
当社の歴史はチャレンジ連続でした。これからも新業態の開発などチャレンジの歴史は続きます。
真実の追求は嘘のない経営です。店舗運営においても正直な運営を実施しております。

当社は、創業から99年!もともとは、繊維の商社として創業し発展してきました。今でも繊維商社としてのシェアは増えています。また、繊維に関連するライフスタイル事業も展開しています。
それなのに、なぜ繊維に関連性のない外食事業に進出したのか?それは、会社の新たな中心となる柱を作ろうという試みからでした。当社の繊維事業は、今でも順調に成長しています。しかし、会社を支える柱は多い方が良い。その為に事業の多角化を進めました。繊維とはまったく関係のない事業で確かな柱をつくり、成長を続けようという戦略のもとに新事業をスタートさせました。
もっとも、最初から外食事業を考えていたわけではないんですよ。レンタルレコードや流通関連など、様々な事業を徹底的に調査しました。
その中で外食に絞ったのは、当時の専務が「食べるのが好き」だから(笑)。シンプルでしょう。物事のスタートはシンプルなほうがいいんですよ。その代り、外食に挑戦するからには「京都にあるものはしない」「専門店で勝負する」という2つのコンセプトをたてました。
外食事業という、まったく経験のない世界へ飛び込むんです。冒険というより、無謀かもしれない。だからこそ、脇目をふらず、ふらつかず、まっすぐに走っていきたかったのです。

たった2人の人間が、危機的状況だった『丸源ラーメン』を成功の糸口を切り開きました。

もちろん、外食の経験もないし、ノウハウもありません。FCでの展開が当初からの計画でした。『びっくりドンキー』を知ったのも様々な偶然が重なったおかげですが、でも「京都にはない」「ハンバーグの専門店である」という2つのコンセプトにピッタリでした。京都どころか、当社が全国での公募FC第一号店です。このコンセプトを頑なに守り続けたからこそ、いまの成功があります。
そして、もうひとつ!これまで繊維一筋で、外食には素人だったのが良かったのかもしれません。飲食のプロではなく、素人の目、お客様の目で仕事を見ることができました。もし、飲食の経験があれば、『びっくりドンキー』のFC展開はしなかったかも知れないですね。素人という、怖いもの知らずだからできたんです。
また『丸源ラーメン』も、同じコンセプトのもとにスタートしました。でも、いまでこそ成功している『丸源ラーメン』も最初は惨憺たるものでした。あまりの経営不振に店長と副店長が辞職し、残った社員は1人だけ!でもそれが、社員の気持ちに火をつけたんですね。統括マネージャーと一緒に最後のチャンスが欲しいと直訴してきて…。2人で、必死になって店舗の改革にあたりました。
丁度その時、FC本部では大ヒット商品となる「肉そば」を開発中だったんです!店舗の改革と新商品の開発という2つが同時にスタートする幸運に見舞われ、ようやく成功の軌道に乗ることができました。
外から見ると順調のように見えても、内部では様々なドラマが動いているんですよ。

足りない部分を埋めようという気持ちがあれば、埋まります。コミュニケーションが苦手、当社は沢山の従業員と話す必要があります。また、沢山のお客様と話す必要があります。でも苦手なコミュニケーションをこの仕事で克服し変わっていこう。この意欲があれば、数年後コミュニケーションが得意に変われるのが当社です。必要なのは変わろうとする気持ち、その気持ちがあれば我々先輩スタッフが支えます。必ず成長させていきます。

当社は、繊維の商社として創業した時から、会社はみんなのもの、という意識で運営してきました。苦しい時も一緒、楽しみも喜びも一緒!家族主義の会社です。『丸源ラーメン』の時も、普通の会社なら切り捨てていたかも知れません。頑張ろうとする人間へのサポートを惜しまないのも私たちの主義!でも、そのおかげで、当社の外食事業部の支える柱の一つとして成長することができました。

でも『丸源ラーメン』の時には、人間の素晴らしさ、努力の素晴らしさを改めて知りました。先ほどの2人も決して高い能力があったわけではありません。持っていたのは何とかしたいという気持ちです。
私たちはいま、FC展開である『びっくりドンキー』『丸源ラーメン』、そしてオリジナルブランドの『かつ丼 元』『かつ丼 玄』と次々と広がり、大きな成功を見せています。この外食事業部を充実させ、さらに新店舗の展開など、これから私たちが取り組まなければならないことはたくさんあります。道なき道を進むこともあるかもしれません。でも、あなたの周りには、たくさんの仲間がいます。創業100年が見えてきました!そして次の100年へ向けて、ぜひ一緒にスタートしましょう。

ページの先頭へ