ホップ・ステップ・ジャンプ詳細

水谷 雅幸
コメダ珈琲店泉大津店 
2015年入社
≪ホップ! 最初の1年間は、基本業務をしっかりマスター≫

入社後はまず、接客や調理といった基本的な業務を丁寧に指導してもらいました。仕事に慣れていくと、徐々に基本業務以外の仕事も教えてもらえるようになり、3ヵ月後くらいから発注業務も教わるように。半年後には、アルバイト・パートスタッフのシフト作成にも携わり始め、売上管理や伝票管理など店舗運営のノウハウを身に付けていきました。段階を踏んで成長していけたので、非常に働きやすかったです。しっかりと経験を積んだのち、「泉大津店」の店長(候補)へと配属されました。

≪ステップ!! 前店長やスタッフに支えてもらいながら、店長業務に初チャレンジ≫

いままでは店長の指示のもとで仕事を行っていましたが、店長になったことで自分の判断で動かないといけない場面が増えました。最初は戸惑うことも多かったですが、スタッフが支えてくれましたし、前任の店長がたびたび相談に乗ってくれたおかげで、ひとつずつ乗り越えていけました。店長業務を行う上で心がけたのは、自分の意図をきちんと伝えることです。なぜそうするのかを明確にすることで、スタッフが動きやすい環境づくりを目指しています。スタッフとの絆も深まってきたところで、ついに正式に店長になれました。

≪ジャンプ!!! スタッフのアイデアをうまく活用することで売上アップを実現≫

店長として自分の意見をスタッフに伝えるだけでなく、スタッフの意見も尊重しています。例えば、「お手洗いに花を飾りたい」という意見が出たときは、発案者の熱意を確かめた上で採用しました。また父の日に、あるスタッフの発案で物販コーナーに、「父親として頑張るお客様へのメッセージ」を掲示したところ、売上が普段の倍に。私もうれしかったですし、スタッフたちも自分たちのアイデアが売上に貢献できたことをうれしがっていると思います。これからも、さまざまなアイデアを採用しながら、スタッフ全員が楽しめる店舗づくりを行っていきます。

一覧ページへ