スタッフインタビュー

左から<br>理学療法士Kさん、科長Hさん、理学療法士Nさん、作業療法士Yさん

診療協力部門

左から
理学療法士Kさん、科長Hさん、理学療法士Nさん、作業療法士Yさん

医療と介護、両方の知識を養える。医療従事者として、人として成長できる環境です。

急性期・慢性期・回復期・デイケア・訪問リハビリと、幅広く学べるところが南港病院の魅力です。
【科長Hさん】

医療分野でも幅広く、さらには介護分野にも裾野を広げている当院。あらゆる角度から、患者様の治療・リハビリを考えていく能力を身につけることができます。またさまざまな知識・ノウハウに触れることで、今後どの分野を専門にしたいか、ご自身の進むべき途も見つかることでしょう。私だけでなく、主任や経験豊かなスタッフもついています。技術者としてはもちろん、人間力も磨き、一人前に成長してもらえるように指導します。

仕事は一生懸命取り組んでほしいですが、プライベートも大事にしてほしいというのも私の願いです。オフタイムが充実することで、仕事にも良い影響があると考えています。スケジュールを調整しやすいよう、シフトを組んでいますので、オンとオフのメリハリをつけながら頑張っていただきたいです。

技術面だけではなく、人と接する上で大切なこともたくさん教えていただいています。
【理学療法士Kさん】

以前は別の病院でPT(理学療法士)をしていました。いつしか「もっとスキルアップしたい」と思うようになり、転職を決意。南港病院を志望した理由のひとつは、幅広い知識を身につけられること。外来、入院中から退院後まで、患者様の力になれるところに魅力を感じました。そしてもうひとつが、アットホームな雰囲気です。入職前の院内見学の際、肌で感じた雰囲気の良さが、決め手になりました。

リハビリには、患者様とのコミュニケーションが必要不可欠。技術面だけではなく、マナーや接遇についてもしっかり指導していただきました。一人の人としてどう接するべきか、といった人間性も鍛えられ、自分の成長につながっています。PTとしても人としても今以上にスキルアップして、一人でも多くの患者様のお役に立てるスタッフを目指します。

地域の方々のお役に立ちたいと思い、転職。勉強会や院内研修を通じて、見聞が広がりました。
【理学療法士Nさん】

南港病院を志望したのは、地域密着型であり、私の地元にある病院だからです。私がリハビリさせていただく患者様はきっと、知り合いだったり、同じ街に住んでいる方だったりすると思います。人との触れ合いを楽しみながら、スキルアップしていきたいと考えての転職でした。入職して、人のあたたかさを実感しています。

月1回の勉強会では、毎回持ち回り制で、自分で調べたテーマを発表しています。別のスタッフの発表には、私の知らない知識等がたくさん詰まっていて、聴いていて刺激になります。また院内研修も大切な学びの機会。以前は救命救急について教わりました。医療従事者としてとても勉強になりました。今後も技術と知識を養っていき、患者様にとってベストなリハビリができるようになりたいです。そして、「あなたに出会えて良かった」と言っていただけるような、頼られるスタッフへと成長していきたいです。

一人ひとりの患者様に向き合いながら、じっくり自分の進むべき途を考えていきたい。
【作業療法士Yさん】

以前は介護付有料老人ホームで働いていました。その時は、OT(作業療法士)としてどうしていきたいか、将来の姿が描けず、自分の進むべき道が定まっていませんでした。転職をしようかと考えていた時に見学に行ったのが南港病院です。そのとき、案内をしていただいた科長から「迷っているなら、いろいろと経験してから決めるのもいいと思うよ」と言っていただきました。この言葉がきっかけで、転職への気持ちが固まりました。

ここではOT・PTの垣根はなく、PTの科長や主任からアドバイスをいただくこともあります。患者様お一人おひとり、体調や体力、生活環境も異なるため、多角的な視点をもってリハビリを考えられるようになりました。ただ、上司を見ていると、自分にはまだまだ足りない部分がたくさんあると感じます。どのようなリハビリを行うかで、患者様のこれからの人生、暮らし方が変わります。患者様としっかり向かい合い、最大限まで身体の機能を引き上げられるようなセラピストになりたいと思います。

<< 戻る
ページの先頭へ