スタッフインタビュー詳細

地域に根差し、「選んでよかった」と 思われる会社を目指して。

柿木 幸博
労務部次長
厚い信頼を引き継ぎ、育てていくために。

奈良近鉄タクシーは、お客様を安全に目的地までお送りすることはもちろん、社員が業務に安心かつ楽しく臨める環境づくりに注力しています。上下左右を感じさせない風通しのよい社風があるからこそ、会社全体を対象とした「社内提案制度」など、よりよいサービスに向けてアイデアや意見を活発に発言できる機会を設け、評価し、一人ひとりのモチベーションにつなげています。当社のキャラクターである「タク丸くん」も社員から生まれたもので、タクシーのボディに社名とタク丸くんを並べ、地域の皆さまから親しまれています。
私自身も営業所に出向いた際には、自分から積極的に社員へ声をかけています。あいさつからはじまり、会話の入口には関西弁を盛り込み、フランクな雰囲気を意識することで、社員がよい報告も相談事も話しやすい関係づくりに努めています。

まずは、少しの興味と好きという気持ちがあれば。

当社では、スキルよりも好きという気持ちを重視しています。車の運転が好き、人と話すことが好き、そうした想いをきっかけに最初の一歩を踏み出していただければ、着実に成長を続けられる会社です。タクシードライバーとして現場を究める、運行管理者などの管理職を目指すなど、意欲を後押しできるさまざまなチャンスをご用意しています。
また育児との両立への支援も可能ですし、社員の働きやすさを応援できる会社でもあります。実際に勤続年数の長いベテランドライバーも多く在籍し、定年退職時には「奈良近鉄タクシーで働いてよかった」という声を耳にします。今後もさまざまな取り組みで社員とともに歩み、会社を育て、当社のファンを増やしていきたいと思っています。

一覧ページへ