スタッフインタビュー

「接客も運転も好きな方はチャレンジを!」

金堂 明美
入社年月:2015年8月
タクシードライバー
前職では接客業をメインに、いくつかの業種に関わりました。

工場勤務なども経験しましたが、人と関わる仕事が好きなことと、運転が好きなこともあり、ドライバーに転身しました。お客様の話から教わることが多いので、聞く側に回ることがほとんどです。
いろいろなお客様と接するので、この仕事を始めてから接客のスキルがぐんと
あがったと感じています。

女性のお客様は、女性ドライバーだと安心してくださるようです。私の所属する営業所には4人の女性ドライバーがいますが、そういったニーズにきめ細かくお応えするため、接客だけでなく運転スキルなどの他のスキルをどんどん磨いていきたいですね。「話しやすい」「安心できる」とのことで女性ドライバーのニーズは急増中。それに伴い、弊社の女性ドライバーもどんどん増えています!また、全車AT車なので、AT限定免許の方も安心して始められるところもポイント。勤務時間が選べるので家庭との両立も◎

「一度この仕事をやってみたくて」

嶋津 博史
入社年月:2016年9月
タクシードライバー
もともと運転が好きなこともあり、一度タクシードライバーをやってみたいと思っていました。

職場は和やかな雰囲気で先輩ドライバーとの交流も多いため、実践的なアドバイスが随時受けられるなど、フォロー体制も充実!未経験の私でも安心して始められました。

最初のうちは細かい道がわからないので、お客様に「新人なので道を教えてください」とお願いして、そこから徐々に道を覚えていきました。当社は先輩ドライバーとの交流が多く、駅で会えば交通情報を教えてくれますし、朝の点呼の際でも、具体的な注意事項が聞けます。実務に生かせるので、とてもありがたいです。

◆営業課長よりメッセージ◆

営業課長
入社年月:2005年4月
「資格経験は問いません。おもてなしの心を持っていれば大丈夫!」

隔日勤務でも、慣れれば自分のペースで仕事ができてプライベートの時間もしっかり取れるので、働きやすいとおっしゃる方は多いです。趣味を充実させ仕事と両立しながらドライバーをしている方もいらっしゃいます。

お客様には様々なタイプがありますから、そのぶん、接遇にも臨機応変さが求められます。経験を積めば、より多彩な対応ができるようになり、自身の接遇の幅が広がりますよね。仕事を続けることで自身が成長できる。そこが「続けよう」と思える魅力の一つだと考えています。

知人の紹介でタクシードライバーへ転身、 まさに自分の天職だと思います。

東口 公洋
入社年月:2015年12月
タクシードライバー
仲間に、お客様に支えられ、人に恵まれて。

お客様へのサービスを追求できること、がんばりを形で還元してもらえる評価体制と、お客様のためにも自分のためにも一生懸命になれる点に惹かれたことが、転職の決め手です。奈良近鉄タクシーでは、第二種自動車免許の取得から業務に必要な知識、運転技術まで親身なバックアップがあるので、入社から1ヵ月後には、自信を持ってひとり立ちすることができました。
運転中は私だけの乗務ですが、ふとした時にチームワークを発揮する場面が多々あります。例えば、駅での待機中に当社のドライバーと顔を合わせ、急遽行われている工事現場や渋滞情報を教え合うなど、仲間のつながりを感じられ、心強い気持ちになります。乗車の際には、お客様から抜け道やおすすめのルートを教えていただくこともあり、地理に関する知識も日々学んでいます。

地域に根差し、「選んでよかった」と 思われる会社を目指して。

柿木 幸博
労務部次長
厚い信頼を引き継ぎ、育てていくために。

奈良近鉄タクシーは、お客様を安全に目的地までお送りすることはもちろん、社員が業務に安心かつ楽しく臨める環境づくりに注力しています。上下左右を感じさせない風通しのよい社風があるからこそ、会社全体を対象とした「社内提案制度」など、よりよいサービスに向けてアイデアや意見を活発に発言できる機会を設け、評価し、一人ひとりのモチベーションにつなげています。当社のキャラクターである「タク丸くん」も社員から生まれたもので、タクシーのボディに社名とタク丸くんを並べ、地域の皆さまから親しまれています。
私自身も営業所に出向いた際には、自分から積極的に社員へ声をかけています。あいさつからはじまり、会話の入口には関西弁を盛り込み、フランクな雰囲気を意識することで、社員がよい報告も相談事も話しやすい関係づくりに努めています。