空港コラム便

はじめまして!関西国際空港産業株式会社です。

空港コラム便では空港のあるあるネタや、スタッフのインタビューなどを不定期で更新していく予定です。第1便の今回は、当社の社名についてお伝えします。

改めまして、当社は「関西国際空港産業株式会社」です。『関西国際空港』産業なので、ほとんどの方が「関西空港の会社なんだろうなぁ」と思っていることでしょう。
でも実は、当社の本社機能は大阪国際空港(伊丹空港)にあり、さらに、その伊丹空港や関西空港だけでなく、神戸空港や成田空港などにも店舗を構えています。
この社名、関西空港以外、特に伊丹空港で勤務しているスタッフが困っているのですが、どういうところに困っているのかは、よくあるお客様との電話のやり取りをご覧ください。
伊丹スタッフ「こちら関西国際空港産業でございます。」
お客様「そちらは関西空港ですよね?」
伊丹スタッフ「いいえ、こちらは伊丹空港です。」
お客様「えっ、『関西国際空港』産業なのに伊丹?ややこしいなぁ。」
どうです、スタッフの困り具合がご理解いただけましたか?でも、残念ながら(?)今のところ社名を変更する予定はありませんので、このやり取りが無くなることはしばらくの間ありません。
では、なぜ伊丹空港に本社機能があるのに「関西国際空港産業」という社名になったのか?実際のところ、その理由ははっきりとわかっていません。ただ、決して関西空港ありきの社名ではないということはわかっています。当社の設立は昭和42年4月。平成6年9月に開港する関西空港より27年も前に誕生していたのです。当社の社名の由来がわかりましたらこのページでお知らせしたいと思います。では、次回の空港コラム便でお会いしましょう!

不定期掲載(不真面目休載中)の空港コラム便、まじめに再開致します!

1年前にリニューアルオープンした第2ターミナル

≪真面目に再開VOL.1≫ 関西国際空港の第2ターミナルをはりきってご紹介します! 北海道の魅力たっぷりです!?

国際線ターミナルが誕生!

これまでPeach Aviationが単独で使用していた第2ターミナルを改修し、
新たに国際線ターミナルを新設。
これまでの第2ターミナルを第2ターミナル(国内線)とし、
国内・国際それぞれのターミナルを備えた施設として生まれ変わったのが
今の第2ターミナルです。
ちょっとややこしいですか (-。-;)

このまま本当にちゃんと続くのか!?こうご期待!というわけで第2弾  ヾ(⌒▽⌒)ゞ

日本人だって、外国人だって、言葉が分からなくてもジェスチャーと笑顔と指差しで!

≪真面目に再開VOL.2≫ 大阪国際空港(伊丹空港)のスタッフさんをご紹介します! 空港あるあるもこうご期待 _〆(Θωθ*)

1人目:この春から大学生!

大学受験前、毎日毎日夜遅くまで勉強…
帰りに電車から見える飛行機…
どっか行きたいな…旅行…楽しそう… (ノ◇≦。) ビェーン!!

でもって、
合格!!!!
一人暮らし!!!
v( ̄Д ̄)v イエイ

でもちょっと寂しかったんです。
最後に(戻るかもしれないけど)、大阪だからこそのバイトをしてみたくて。
何しようかな、と探していた時に見つけたのが空港の仕事だったんです。

空港って、
CAさんがカツカツ歩いてて、すれ違う時なんぞは
「おどき!」
みたいになって、きゃーとかなりそう!!って思ってたんですけど
受験勉強中に見た飛行機が忘れられなかったのと、
空港ってキラキラしたイメージだったこともあって、応募したんです。

それからほぼ毎日来てますね 汗
すごい楽しいです。

ちょっと公開が遅れましたが…気にしない(ドン!)というわけで第3弾スタート!!

これが”ホンシャ”の看板だ~!

≪真面目に再開VOL.3≫ 関西国際空港産業のホンシャをご紹介! GAPがお好み?

行くことないよね~ホンシャ

空港のお仕事じゃなかったとしても、
アルバイトしててホンシャに行くことってホントにないですよね。

ホンシャってホントに存在するの?って思えるほどに。

でもちゃんと存在するんです。

そこでは、いろんな人が働いていて、
お店などの現場の仕事のサポートをしています。

どんなホンシャをちょっとご紹介!

めっちゃ公開が遅れましたが、決してサボっていたわけではない(堂々)! というわけで、言い訳もなく第5弾もはりきってスタート!!

ドキドキの人生初インタビュー取材がいよいよスタート!さてどうなる!?

≪真面目に再開VOL.4≫ドキドキわくわく♪人生初のインタビュー取材、そして動画撮影に密着!!

今回の舞台は神戸空港!

最近関西エアポートの一括管理になった、
とニュースでも話題になった神戸空港が今回の舞台。

神戸空港はポートアイランドという埋め立て地の先っぽにある
人工島の空港で、なんと三宮からモノレール一本で行けちゃうんです。

ポートアイランドには、大学や医療関係の研究施設、
そして日本を代表するスーパーコンピューター「京」なんかもここにあります。

「なぜ2番じゃダメなんですか?」
って言われていたスーパーコンピューター。
懐かしいですね…

そんな神戸空港、周りが海に囲まれて
とっても気持ちのいい場所なんですよ!

当たり前のことなのに、堂々と言ってやる! 「ほらちゃんと公開してますよ~」 言ってやったぜ!第6弾!

2018年4月18日 伊丹空港2階に≪関西旅日記≫グランドオープン!!

≪ホントに真面目に再開VOL.5≫ 2018年4月18日大阪国際空港リニューアル第1期オープン!

大阪国際空港(ITAMI)リニューアルプロジェクト

2020年の東京オリンピック開催に向け、
空港の利便性を高め、もっと多くのお客様に便利にご利用していただけるようにする目的で
2016年2月から大阪国際空港のリニューアルプロジェクトが始動。

開港以来49年ぶりの大改修ということもあり
空港関係者の間では大きな話題となっていました。

そしていよいよ4月18日に第1期工事が終了し、
中央棟がリニューアルオープンとなりました。

近隣の地域の方からも熱い期待を寄せられている空港のリニューアルプロジェクト。
そこでわが社も新しい店舗の運営をスタートさせるのです!

ちょっと真面目にスタートしてみた第6弾!
さていつもの調子に戻ってスタートしていきますですよ!!

好評にお応えして(?) 関西国際空港2か月連続ぶち抜き企画!やれいけ、それいけ第7弾!

関西国際空港で驚異的な売上を上げる店舗を取り仕切る、店長のご紹介!

≪ホントに真面目に再開VOL.6≫ 戦闘機レベルの売上を支える店長さんは、スタッフ思いの”癒し系”店長だった!

戦闘機でも買ってみよっかな。

今回インタビューをさせて頂くKさんが店長を務めるのは
関西国際空港の搭乗ゲート内にある「萬(YOROZU)」というお店。

主にお菓子などのおみやげ品を取り扱うお店です。

お菓子などのお土産品ですから、1つは1000円前後。
売上ってそんなにないように思いますよね。
1万個売っても1000万円です。

それが何と、「萬(YOROZU)」では年間の売上で
最新式のオスプレイが1機買えちゃうんです!
すごいっしょ!
分かりにくいっしょ!

大体どれぐらいか知りたい方はググってね♪

そんなお店を店長として支えるKさん、
早速インタビュー開始です!

関西国際空港2か月連続ぶち抜き企画! 2本撮りの2週目放送みたいな手法で悪いか!開き直って第8弾!

関西国際空港搭乗口内で№1の売上を誇るマンモス店舗「萬(YOROZU)」のご紹介です!

≪ホントに真面目に再開VOL.7≫ 戦闘機レベルの売上を誇るマンモス店舗には、マンモス級の仕事とマンモス級の思いやりが同居していたのでした!

マンモス

マンモス (Mammoth) は
哺乳綱長鼻目ゾウ科マンモス属 (Mammuthus) に属する種の総称である。
現在は全種が絶滅している。
現生のゾウの類縁だが、直接の祖先ではない。 (ウィキペディアより抜粋)

えっ!ゾウのご先祖様じゃないの(ビックリ)!

さて、アカデミックに始まりました第8弾!
(どこがだ)
マンモスはゾウの遠い親戚みたいなもんなんですね。

はい、勉強になったところで、マンモスと言えば、マンモス店舗!
先月ご紹介しましたK店長率いる「萬」のご紹介です。

お菓子1個1000円程度で、戦闘機が買えるほどの売上ってことは
ヤバい位売れてんじゃないの?
そうなんです!売れてるんです!ヤバイんです!良いんです!

マンモス級のお土産とともに、
日本を満喫した海外の旅行者の皆さんと
その周りにいるお土産を受け取る皆さんに、
マンモス級の幸せと幸せのおすそ分けをお届けしているんです。

だからヤバくないんです!良いいいいいいいいいんです!