スタッフインタビュー 詳細

ダイアナ

ダイアナ岡山一番街店では、オリジナルデザインのシューズ、バッグ、小物を取り揃え、トータルにファッション提案できるショップを目指しています。お気に入りの1足と楽しい気分になれる接客を求めて、たくさんの女性客でにぎわっています。あなたもダイアナの魅力をお客様に伝えてみませんか。

ここだけの接客と、
こだわりの1足を。

久次米 歩さん

久次米 歩さんメイン

仕事内容

主なお仕事はシューズの販売・接客です。JR「岡山」駅スグの場所にあり、毎日たくさんの方が訪れます。ショーウインドウに飾られている一押しモデルや店頭のディスプレイを見られて、「ステキな靴がありそう♪」なんて具合に訪れる女性のお客様がいっぱい。特定の目的を持って来店されるというより「ステキなシューズとの出会いはあるかな?」と好奇心を持っていらっしゃる方が多いです。そのため、大事なのはお客様とのコミュニケーション。お客様がどんなシーンで利用される靴をお探しなのか、しっかりとヒアリングすることが大切です。すでに興味を持たれている方がいれば、商品のポイントを説明したり、ためし履きをおすすめしたりします。そうではない方の場合、気さくに雑談したり、自然な会話の中で商品をご提案しています。最初は購入する予定のなかったお客様が「これ、お願いします♪」と気に入っていただけた時、大きなやりがいを実感します。

ダイアナ

仕事で心がけていること

シューズの販売は、想像以上にアクティブ。いつ、どんなタイミングでお客様が訪れてもいいように、周りをしっかりとみることを心がけています。それと毎週新商品が入荷されますし、在庫管理のために力を注ぐのが棚卸し。テキパキとカラダを動かして取り組んでいます。カラダを動かすのが好きな方、スポーツが好きな方にピッタリだと思います。商品のことを学んで、お客様と会話して、1日があっという間に過ぎていく充実感を味わっています。

職場のいいところ

女性ならだれもが知っている「ダイアナ」のブランドに関われるのが嬉しいです。「またここで購入したい!」と思える接客を目指しています。雑誌に掲載されているアイテムもあり、自信を持っておススメできる商品がいっぱいあります。また当店は、通常のアパレルショップとは違って、シューズに特化した専門店。1つの分野を深く知ることで、靴の種類や構造、お手入れやメンテナンスの重要性など、今まで知らなかった靴の奥深さを知ることができました。

久次米 歩さんプロフィール

PROFILE

久次米 歩さん (2012年入社)【販売員】

短大卒業後、人と接する仕事がしたいと思い、ダイアナ(株)に入社。洋服と靴が大好きで、働き始めてシューズのコレクションは増えるばかり。ちなみに靴のサイズは22センチ。小さめのサイズから大きなサイズまで取り揃えている「ダイアナ」の良さも肌で感じている。

あなたの必須アイテムを教えてください。

インタビュー 2014年6月

【お手入れグッズ】靴選びのサポートも大切ですが、靴のお手入れのアドバイスもスタッフの重要な役目です。クリーナー、防水スプレー、サイズを調整する中敷きは必須アイテム。クリームを塗っておけば、汚れが付きにくく、消耗も抑えることができます。ちなみに中敷きは常にポケットに入れているほどの必需品。試し履きの際、すぐに取り出せるように常に準備しています。

必須アイテム

PAGE TOP ↑