› 私たちの仕事

私たちの仕事

組織図
店舗職
店舗運営部では、本店・平等院店・京都駅店・大阪店・通販店・香港店の運営を担当しています。
具体的には、店舗にもよりますが、お茶やスウィーツの販売を担当する「物販」、カフェでの接客を担当する「フロア」、キッチン内で調理を担当する「厨房」に分かれます。
1店舗あたり年間数十万人のお客様が国内外からお見えになります。スタッフのひとつひとつの行動、選んだ言葉、下した判断の全てが、1人1人のお客様がもう一度来て下さるか、二度と来られないかに直結する仕事です。
毎日行う業務は同じように見えますが、お客様は違います。ご友人と、ご家族と、あるいはお一人で。日本国内はもちろん、アジア、アメリカ、ヨーロッパから。さまざまなお客様が大きな期待と想像を膨らませながらご来店されます。
できる限り多くのお客様に「来るだけの価値がある!」「お茶ってこんなに素敵なものなんだ!」と感じて頂けるには、私たちは何を考え、どう行動すべきなのか。その努力と結果の積み重ねが、私たちの次の歴史となり、ひいては地域や社会、人の役に立つことに繋がるのだと思います。
店内風景
通販職
店舗運営部通販店では、電話、FAX、オンラインストアでのご注文や、サイトの運営管理、お中元やお歳暮など、季節ごとに発行するご案内の企画立案・媒体作成・情報発信を担当しています。
当社は非常に限られた地域にしか店舗や商品がありません。また、次々と店舗展開をすることもありません。しかし、日本全国に、海外にもファンのお客様がたくさんおられます。通販店の仕事は、このようなお客様がどうすればご来店頂かずとも、まるで私たちの店にお越し頂いたかのような、商品、雰囲気、接客を楽しんで頂けるかを考え、作ることです。 単に商品を撮影し、ストアにアップし、電話やメールを受けるだけでは、他でもできます。もちろん、まずはお客様のご注文を正確に素早く、細部まで行き渡る心遣いをしながら丁寧にお届けしなければなりません。
何気ない、当たり前のことを当たり前にすることが、全ての基本だと思います。それを毎日の業務で確実にこなしながら、私たちの通販、オンラインストアには何が求められいるのか、私たちは何を提供すべきなのかを考えなくてはいけません。
期待されているのは、商品だけではないはずです。私たちにしかできない、通販店にしかできない仕事をするために。
製造職
製造部は、文字通り商品の製造を担当し、お茶を使ったいろいろなお菓子などを作っています。しかし、私たちに求められているものは、単にお茶を混ぜただけの商品ではありません。
それは徹底してお茶の魅力にあふれていながらも、なおかつお菓子としても最高に美味しいという、2つのハードルを同時に達成することです。他ではできない、私たちにしかできないレベルのお茶のお菓子を作ることです。
お茶が売れないから、お菓子を作るといった発想ではできません。お茶の数ある魅力の中でどこに光をあて、どのような素材と合わせた時に最高のバランスが生まれるのか、気が遠くなるような試行錯誤のその先にしか答えはありません。お茶屋である私たちが、お菓子であってもできるだけ自社製造にこだわる理由です。
多種多様な商品を出したり、新製品を数多く出すことはできませんが、1つ1つが心に残り、「美味しい!」と驚いて頂けるような商品を作りたいと思います。
工場内作業風景
物流職
営業部物流課の仕事は、右から左へ物を流すことが仕事ではありません。
各店舗やご自宅で手に取られている商品には、当社のスタッフだけでなく、多くの人が関わり、その中に人の想いが詰まっています。積み重ねた努力が詰まっています。物流の仕事はそんな人と人の間に立ち、商品、資材、原料、伝票などを通じて、想いと努力の橋渡しをすることです。私たちは生活に絶対に必要なものを提供している訳ではありません。単に物を流すだけなら、外部に委託したり、未来にはロボットにやってもらうこともできるでしょう。しかし、製造してくれた仲間、販売をする仲間、いつもご注文を下さるお客様の想像することはできません。使いやすく丁寧な梱包、正確な数量が、正確な時間に届く、いつもの資材がいつも通りに使える、そんな有り難みを共有することもありません。
私たちは商品の製造から販売までを、一貫して自社で行っています。そしてそれらは海を越え、海外へも出て行きます。今後会社が成長すればするほど、物流の重要性は飛躍的に増加します。商品や資材が届かなければ、何もできません。私たちの商品やサービスを待ち望まれているお客様へ、最高の体験をお届けしましょう。
管理職(経理/総務/人事/広報)
管理部は、経理・総務・人事・広報を担当しています。
担当者以外は直接目に触れたり、感じたりすることが少ない仕事も中にはありますので、具体的なイメージが掴みにくいかもしれませんが、会社の屋台骨を支える重要な仕事ばかりです。
経理は、会社のお金とその流れを管理する仕事ですが、膨大な書類を整理、確認しながら、1円も、1日も間違えることなく仕事をすることで、全店舗・スタッフが自分の業務ができる状態を作るとともに、会社の信用をも作っています。
総務では、スタッフがより働きやすい環境について考えたり、レクリエーションなどの福利厚生面や勤務管理などをはじめ、庶務全般や各種書類の精査等の法務管理など、内容は多種多様にわたります。
人事では、人材の採用・教育・評価体系の整備や、時には、スタッフの悩み相談など労務管理全般の幅広い人に関わる仕事を担当しています。
広報の仕事は、取材受付やそのスケジュール調整、原稿の校正作業などの各種媒体メディアへの対応などです。
管理部以外の仕事も含めて、重要でない仕事など一切ありませんが、会社と多くのスタッフを支える、会社にはなくてはならない部署であることは間違いありません。
管理部の仕事は、関わる全てのスタッフが社会、会社、仲間から、自らを必要とされている実感を得ながら、気持ちよく働くことができる環境を作ることです。 一枚の書類、一通のメールのその先に、必ず人の想いが込められていることを理解し、実感しながら仕事を進めてください。
販売(営業)職
営業部販売課では、営業の窓口として様々な業務を行っています。百貨店関係、法人販売、自社商品の販売拠点管理などが主たる業務内容です。
他の職種でも同じことが言えますが、特に販売課の仕事は自分たちだけでできる仕事がほとんどありません。例えば百貨店で商品を販売するにしても、製造部に商品を作ってもらい、物流課へ指定日時に商品の配送をお願いし、自分だけでは販売スタッフが足りない場合などは、他部署からのヘルプをお願いすることもあります。それ以外にも取引先担当者の方との打合せや確認、社内での決済、告知など、非常に横幅の広い仕事内容に対応しなければなりません。
販売課の仕事は、個人のパーソナリティや人間的魅力がかなり求められます。それはたくさんの関係者に関わることが多く、その全員に納得してもらい、「この人のためなら」と動いて頂ける状況を作らないと仕事にならないからです。この職種の最大の魅力と、最大の難しさは、その幅の広さと深さです。無限大と言っても過言ではありません。
ですが、社会人としての教養を積み、自社と商品を理解し、人から信頼された時にできる仕事の大きさと影響力は、他の職種にはないものがあります。
お茶
page top