事業所紹介

地域に密着した2つの事業所で、多くの方が安寧とした日々を過ごされています。

「健やかで、生き生きとした毎日を過ごしていただきたい」その想いから誕生した2つの施設をご紹介します。

ケアハウス トマトホーム

【概要】

平成8年5月に開設。定員80名のケアハウスでは、健康的な60代の利用者様をはじめ、100歳を超える方まで幅広い方が各々自分らしい生活を送っています。医師の往診だけでなく、毎週月曜日には近隣のパン屋さんが出張販売に、また月3回果物の販売があるなど地域との交流も楽しめます。2017年8月より、月に1度会議室を開放して、地域の方向けに「認知症カフェ」を実施。いままで以上に、地域貢献に力を入れています。

【イベントについて】

毎月1回、職員で話し合ってイベントを企画します。夏祭りや秋のトマト祭には、地域の方も参加するため、非常ににぎやかです。トマト祭では、利用者様が商品を持ち寄りバザーを開催したり、利用者様が制作した書画や着物、編み物などの作品を展示したり、階ごとの利用者様によるコーラス大会があります。その他、毎年秋には、寿司職人をお招きして本格的な握り寿司をふるまっており、みなさん大変喜ばれています。また99歳と100歳を迎えられる方にはお誕生日当日にパーティを開き、入居者・職員皆で長寿をお祝いします。

特別養護老人ホーム トマトホーム

【概要】

平成21年5月に開設。ユニット制を採用しており、1ユニットの人数は10名です。特別養護老人ホームとして4つのユニットがあり、ショートステイが1ユニット、それに加えてデイサービスも行っています。施設全体の風土としてリーダーごとの個性を重んじているため、どの部署にもカラーがありますが、入居者様・利用者を想う気持ちはひとつです。それぞれがお互いに知恵と刺激を与え合いながら、施設のレベルを引き上げています。またクラブ活動が盛んで、華道クラブや茶道クラブ、書道クラブ、カラオケクラブ、体操クラブ、園芸クラブ、料理クラブの7つのクラブで、ユニットを横断したコミュニケーションを楽しんでいます。

【イベントについて】

毎月1回、全ご利用者様が集まるイベントを開催。5月にある開設記念日や8月にある夏祭り、9月の敬老会はご利用者様のご家族も参加されるイベントもあり、だんらんの時を過ごします。11月にある文化祭では創作レクや各クラブでつくった作品の展示をメインに、近年ではフロアごとに歌を披露する発表会も行われるようになりました。小規模な施設なので、お互いの距離が自然と近くなり、どのフロアもひだまりのように温かい雰囲気に包まれています。毎月の誕生会や白寿、百寿など長寿のお祝い会も行っております。