STAFF VOICE
detail

お客様第一の精神で店作りと接客をしていきたい

山口 翔也

パートナー暦 3年→社員登用

営業本部

パートナーから正社員

丸亀製麺で働こうと思ったきっかけは?

社員食堂で働いていたのですが、朝勤務が多く、空いていた夜の時間を有効活用しようと思って友人に丸亀製麺を紹介してもらいました。はじめは掛け持ちでバイトをしていましたが、所属していた事業所が食堂から撤退することになり、今後のことを考えて丸亀製麺に専念することに決めました。丸亀製麺は店の活気やお客様のための接客など、自分が理想とする店そのもので、もっといろいろなことを勉強したいと思ったのがきっかけです。

山口 翔也

正社員登用のプロセスは?

丸亀製麺でのバイト経験者ということで、公式HPのキャリア採用からエントリーすることもできましたが、自分の実力で一度受けてみたいと思い、一般から参加しました。不安はありましたが、マネージャーが相談にのってくださったので心強かったです。筆記試験、性格診断、その間に三回の面談を受けました。そのうちの一回にバイト時代にお世話になった方がいて、うまく緊張が解れたことで、最後まで進むことができたのは幸運でした。

社員登用後はどんなことをしますか?

社員登用後は、まず三ヶ月は研修生として全国にある店舗に配属されます。研修は全員が受けることになっており、私は研修中の身ですが、営業ラインに入りながら他の仕事も覚えています。研修後は店長として店舗に入ることがほとんどのため、この三ヶ月が重要です。先輩方から「短い期間なので不安のまま終わるかもしれない。でも、終わってからも研修時の店長や他の先輩方が相談に乗るから」という話を聞いていたので、安心して研修に励むことができています。

山口 翔也

研修で覚える仕事というのは?

私は丸亀製麺での調理経験があったため、営業ラインの指導を受けるよりも、事務などの雑用から店長としての役割を見て勉強をしています。キッチンへ入ってオペレーションも行いますが、もし店長ならばこれからどんなことをすればいいか、広い視野を持って接客をするにはどうしたらいいかなどを考えて、実践、改善点を推敲し、また実践というのをくり返し行っています。店長になる日が近いため、できるだけ実力をつけられるよう頑張っています。

店長になったら気をつけようと思っていることは?

店長になると、店の管理に加えて新人の教育も任されます。私は人に教えるのなら100%自分も知らないとだめだと思っていますので、まずは一緒に業務を行った後、実際に感じた事を元に指導しています。また、きちんとしたコミュニケーションをスタッフとの間で取れていると、店の雰囲気が良くなり、そんな店ならお客様も来たいと思ってくれます。コミュニケーションをしっかり取りたいので、まずは配属先の店舗スタッフと仲良くなることを心掛けたいです。

山口 翔也
山口 翔也

丸亀製麺はどんなところですか?

丸亀製麺が他の飲食店と違うのは、「お客様に喜んでいただく」という思いが強いところです。料理の質を追い求めながらも、まずお客様のことを考える方針がスタッフ全員に行き届いていると感じています。そしてお客様が楽しく食事ができるよう、メニューにない料理のアレンジ方法でも受け入れたり、お客様の期待に答える取り組みを行っていたりと、常にお客様第一を掲げて営業をしているのが良いところだと思います。

スタッフの声一覧に戻る

丸亀製麺店舗検索 ページトップへ