STAFF VOICE
detail

この仕事だから味わえる体験を、次の感動を求め、新天地へ向かいます。

橋本 美幸

パートナー暦 5年

新店プロモーター

新店プロモーター

現在の仕事に就いたきっかけは?

他のアルバイトとのかけもちとして、2011年11月から働き始めました。しばらくして毎日通勤するのが楽しくて仕方なかった丸亀製麺の仕事の魅力にハマり、こちらに一本化して働くことにして、現在に至ります。パートナースタッフ時代にはお店でパートナー店長も経験しました。そんな私に北海道時代の上長が「新店プロモーターという仕事があるよ」と声をかけてくれて、「やってみたら?きっと向いてるよ」と勧めてくれたことがきっかけです。上司や先輩に教えてもらうなど、プロモーターになるために猛勉強しました。

橋本 美幸

仕事をするうえで、心がけていることは?

お店によって採用人数が違い、1日に入るパートナーさんの数も日によって違います。少人数の場合だとそれほど気にはなりませんが、大人数の場合、例えば1対20名とかになると、顔と名前を覚えるだけでも一苦労です。ただ、トレーニングの基本であるコミュニケーションをとるために必死に覚えます。

仕事の魅力ポイントは?

地元の北海道の店舗に携わったことから新店プロモーターの道を歩み始めました。続いて大分、福岡、関東方面、次は神戸南のお店を開けることが決まっています。次が8店舗目と、1ヵ月に2店舗のペースです。やはり、いろいろなお店、地域に行けることがこの仕事の魅力だと思います。

橋本 美幸

仕事のやりがいは?

オープンの日は、トレーニングしたパートナーさんの成長を一番感じられる日でもあります。お店が無事にオープンすると、一緒に頑張ってきたパートナーさんみんなが「トレーニング大変だったけど、オープン日を迎えられて良かった」と涙ぐみます。その姿を見ると、私自身も「皆さん、頑張ってくれたな」と感動して思わずウルッとくることも。

これからの目標は?

当時の上司に新店プロモーターを勧められたとき、「パートナースタッフから契約社員へのステップアップとしてやってみたい!よしっ、やってみよう!」と思いました。次の目標は正社員になることです。将来的には、エリアマネージャーまでステップアップすることを目指しています。

橋本 美幸
橋本 美幸

新しい仲間へのメッセージをお願いします。

新店プロモーターは、大変だけどそれ以上に大きなやりがいがあります。お店をつくっていくということ自体もそうですが、仕事のプロセスでとても多くの人たちと関わり、さまざまな想い、考え、経験を持った人たちと出会っていくことが本当に楽しいです。「いろいろなところに行きたい!」「興味がある!」といった方はチャレンジしてみてはいかかでしょうか?

スタッフの声一覧に戻る

丸亀製麺店舗検索 ページトップへ