STAFF VOICE
detail

私がお店を離れても、店づくりに対する想いは、そのお店にずっと残ります。

山口 靖久

パートナー暦 4年

新店プロモーター

新店プロモーター

現在の仕事に就いてみてどうでした?

もともと学生時代に丸亀製麺のオープニングスタッフとして勤務しており、大学卒業後、別の企業に就職しましたが、丸亀製麺での楽しかった日々をもう一度味わいたくて戻ってきました。新店プロモーターは、店内に貼ってあったチラシで存在を知り、上長に確認した上で応募し、試験を突破し現在に至ります。試験は各ポジションの知識、オペレーションスキルの審査があり、本当に難しかったです。プロモーターに就いてから2016年12月に最初に赴いた愛知を皮切りに、神奈川、宮城、滋賀、兵庫、愛媛の店舗を手がけました。

山口 靖久

仕事をするうえで、心がけていることは?

毎回教える内容は同じですが、当然ながらそれを聞く人は毎回違います。パートナーさん一人ひとり覚えるスピードや理解するペースも異なるので、それぞれに合わせて、こちらも説明の仕方を変えることを特に意識しています。

仕事の魅力ポイントは?

新店プロモーターは、オープンしてから一週間は店舗にいて、次の店舗に異動します。全国のいろいろな店舗に行けるところが大きな魅力です。パートナースタッフからワンランク上の契約社員に上がれるところにも惹かれました。

山口 靖久

仕事のやりがいは?

オープン日を迎えたとき、もちろんオープンの日は大変なのですが、新店トレーニングを積んだパートナーさんの感想が「つらい」「きつい」ではなく、「面白かった」「楽しかった」と言ってもらえると、教えた甲斐があって、この仕事をやっていて良かったなと思います。お店がオープンしてしばらくすると店舗から離れますが、そのお店で働き続けるパートナーさんたちのお店づくりの根っこの部分には私たちプロモーターの想いが必ず残ります。それが、とても幸せです。

これからの目標は?

新店プロモーターは、非常に達成感のある仕事で、日々自分自身の成長も実感しています。全国のお店に赴き、もっと腕を磨き、さらなる高みを目指していきたいです。今は研修を受ける立場ですので、いつか研修をする側になることを目標に、これからも一つひとつの業務と真剣に向き合っていきます。丸亀製麺だけでなく、豚屋とん一のお店も開けた経験があり、これからもどんどん多くのお店を開けていきたいです。

山口 靖久
山口 靖久

新しい仲間へのメッセージをお願いします。

トリドールには、この新店プロモーターはじめ、やりがいあふれ、たくさんの人と関われる仕事が数多くあります!あなたもまずは、パートナースタッフからスタートしてみてください!みんなで力を合わせてお客様に「ご満足」をお届けしましょう。

スタッフの声一覧に戻る

丸亀製麺店舗検索 ページトップへ