スタッフインタビュー

管理栄養士<br>受託責任者<br>川井 由利恵

セントラルキッチン堺工場

管理栄養士
受託責任者
川井 由利恵

勤続年数:3年7ヵ月

丁寧さも、スピードも、見映えも妥協しない!
満足いただける食事作りにみんなで奮闘しています。

食への興味から管理栄養士に。一膳一膳、あらゆることに気を配るべきだと学びました。

小さい頃から食べることが大好き。また、商品のパッケージに記載されている成分表を見るのも好きでした。将来は食に関わる仕事がしたいと思っていたので、身近でそういう仕事をされている、給食スタッフが憧れの職業でした。その話を母にすると、管理栄養士という仕事があることを教えてくれ、専門的な知識を学べる大学への進学を決意。入学後勉強するなかで管理栄養士は学校の給食場だけではなく、さまざまな職場で活躍していることが分かり、スキルアップを目指して東紅給食に入社しました。

入社後は勉強の毎日。患者様・利用者様一人ひとりのメニューを確認しながら盛り付けることはもちろん、スピードにも気を配ることを学びました。さらに、大切なのが“見映え”。たくさんの方がお食事を楽しみにされているので、見た目の美味しさも考えながら、「妥協しない」をモットーに頑張っています。

調理師<br>平山 靖菜

セントラルキッチン堺工場

調理師
平山 靖菜

勤続年数:1年7ヵ月

お食事を届けるためには、チームワークが大切。
東紅給食は、人としても成長できる職場です。

みんなで気持ちよく仕事ができるように、チームワークを意識して取り組んでいます。

調理師を目指したのは、小さい頃から美味しいものに目がなかったからです。自然と食に関わる仕事に興味が湧き、専門学校で2年間勉強した後、東紅給食に入社しました。

いま担当しているのは、仕込み場での野菜や果物の下処理と、ご飯場でのご飯やおかゆの盛り付けなどです。ご飯は患者様・利用者様一人ひとりに合わせて、種類や量が決まっているので、きっちりと確認してから盛り付けています。お仕事の中で私が大切にしているのが、積極的に行動すること。任された仕事をするだけではなく、常に何かできることはないか探し、率先して他のスタッフのフォローもします。1回約1000食という数のお食事をみんなで準備するので、チームワークよく仕事ができるように、心がけています。

ページの先頭へ