中習者までの道のりMY ROAD to MIDDLE MASTER
シェービング

畠山 陽子 (はたけやま ようこ)さん 

桔梗が丘店勤務

パート

勤続11年目

進みたい道へと後押ししてくれる。
やりたいを応援してくれる社風が魅力です。

私たちからすると、毎日何十人と来店してくださるお客様。
でもお客様にとっては、1ヵ月、2ヵ月に1度のサービス。
多くの方に関わるからこそ、この“1回”という感覚を大切にしていきたいですね。

畠山 陽子さん

現在までの道のりを教えてください。

美容学校卒業後、資格取得前に若松に入社。実は元々は、美容部門での勤務でした。でも同じビルということもあって、当社の理容スタッフと話す機会が何度かあったんです。
資格をとりたいという私に「現場が好きなら、長く活躍しやすい理容師を勧めるよ」とアドバイス。そのひと言がきっかけで、美容から理容への転向を考えるように。店長をはじめ、会社自体も私の気持ちを後押ししてくれたことが嬉しかったですね。
改めて理容学校に入学し、資格を取得。
今は家庭と両立しながら、理容師として働いています!

畠山 陽子さん

美容と理容。どちらも経験した上での印象は?

“こんな風に働きたいというスタイル”が、理容の方が幅広いと思います。
例えば、美容ならひとつのレッスンをみんなで受けて、みんなで成長していこうというスタンス。
比べて理容はイメージとして職人に近い分、積極的に個人個人で練習することも多いのでレッスンの頻度も内容も人によってさまざま。
職場も体育会系を感じさせる活気に溢れています。
疲れているときにも私のために教える時間をつくってくれたりと、上司や先輩の厳しさのなかにあるやさしさが本当にありがたいな、と感じます。

畠山 陽子さん

求職者の方へメッセージをお願いします!

ひと昔前には、“先輩の姿を見て覚えること”が多かった理容業界。
でも若松は、会社全体が1人ひとりの意欲に応え、技術向上できる環境づくりに積極的。
言葉での説明と実践的なレクチャーで、直接教えてくれるベテランもたくさん在籍しています。
成功したとき。仕事を覚えられたとき。その度に「今の良かったよ~」と自分のことのように喜んでくれる。
そんな仲間と働きながら、技術を磨きたい!と思ってくださる方にぜひ来てほしいですね。

インタビュー:2015年05月