人事担当者メッセージMESSAGE from HR

WITH HAIR 統括エリアマネージャー

津田 梨恵(つだ りえ)

たくさんのお客様に、より充実した時間を。

スタッフ1人ひとりが「やりたい」という気持ちを通じ、チームとなって仕事の楽しさも厳しさも知っていく。
働く喜びやヤリガイをもっと味わえるステージをつくっていくことが、サービスの向上につながります。

地域で1番愛される美容室であるために。

私たちの目標は“若松イチ”のお店づくり。そして、お客様からの“地域イチ”を常に目指しています。
それぞれが役割と担当をもつことを大切にしています。
例えば、スタッフ1人の声をみんなで考えて実践していく。
私が担当するエリアでは、同じ店舗内でもチームごとに分かれて、期間を決めて改善を重ねていきます。
そして重要となるのが、できたかどうかを振り返って見直すこと。
そうすることでブラッシュアップを図り、スタッフ個人だけでなく、お店全体、若松全体が成長できるステージを目指し続けています。

みんなで一体感をもって、お店をつくっていく。

HAIR’S GATE/WITH HAIR の各店舗には、店長以外に教育担当が在籍するなど店舗全体が人を育てることに積極的。
得意なこと、経験値、価値観…。スタッフの個性という魅力に同じものはありません。
だからこそみんなの脳をパワフルに使い、一緒に考え、連携をとることがお店自体の強みに。
スタッフにとっても個性を生かし、育てられる環境になりますね。
あるときは楽しく。またあるときには悩みながら。
「やっていて良かった」と思えるお店づくり、スタッフとの関係づくりを今後もしていきたいですね。

ひと言で“教える”といっても、方法はさまざま。

教えられる立場のスタッフの状況や性格、成長に応じてベストな選択は異なってきます。
マネージャーとして大切にしているのは、教育担当のスタンスや目的など、背景をまず知ること。
例えば言葉をあえて少なくして伝えることにも、教える側の「相手自身に気づいてほしい」という想いが込められていたり。
カットひとつを挙げても、実際に見て覚える人、まずチャレンジする人、一緒に実践する人…学生時代に経験する勉強と同じように、どの方法が身につけやすいかは人それぞれです。
「早く育ってほしい」という気持ちはどのスタッフに対しても同じ。でも成長の過程はさまざま。
教える側が連携し、方向性を明確にすることで、迷いなく教えることも教えられることもできるようにしています。

人事担当として、あなたへのメッセージ。

当社のモットーは、スタッフの声に耳を傾け、真摯に向き合いフォローアップすること。
1つひとつの縁を大切にしながらも、どんどん追求し、深められる環境があります。
あなた自身の成長は、お店や会社全体の成長に。 お客様へのワンランク上のサービスで、満足以上の感動をお届けしませんか!