調剤部門

  1. HOME
  2. 調剤部門(調剤部門の説明)
調剤部門
調剤部門の説明
調剤薬局の日々
研修会報告

調剤部門 | 各店舗が連携しあいながら、地域の患者様の健康で安全な生活をサポート。

各店舗が連携しあいながら、地域の患者様の健康で安全な生活をサポート。
調剤にたずさわる薬剤師にとって最も大切なもの | それは「患者様に対し安心と安全を確保すること」であると私たちは考えます。ではそのために必要な薬剤師の資質。
            それは「患者様への思いやり」と「知識」です。
            「患者様への思いやり」は常に患者様の立場に立つということを念頭において日々の業務に取り組んでいます。
            服薬指導の際には、まず薬剤師が服薬指導の意味を説明します。
            指導の途中で患者様の表情を見たり、言葉をかけたりして患者様のニーズを確認。説明内容は予め決めておかずに、患者様が求める情報を伝えるようにしています。 「知識」は個々の薬剤師の努力だけで得られるものには限界があります。そこで、当社が実践しているもの。それは「事例の共有」です。 | 店舗を超え、
            山路薬局グループ全店でおこった様々な事例を集積し、全薬剤師に配信しております。薬剤師から報告されてくる事例は、患者様からの質問、疑義紹介した事例、文献を調べた症例や薬剤についてなど様々です。
            現在、各店舗により、内科、消化器内科、呼吸器科、循環器科、小児科、耳鼻科、皮膚科、婦人科、整形外科など主に取り扱う専門科は様々ですが、すべての店舗で薬剤師が得た事例を集めることで、
            多数の専門科の情報がわかります。 「一人で習得するには限界がある能力。これを全社員の能力を集結して無限に増やしていく。これが山路薬局のモットーです。

山路薬局薬剤部門の業務・取り組み

調剤業務

                調剤室では、どうしたら正確に、そしてより早く薬をお渡しできるかを考えながら調剤を行っています。
                そのために薬剤師同士が連携し意見を交換しながら、患者様のためになるかを模索しています。
                高齢の一包化調剤の患者様には、それぞれの患者様の希望に合わせて日付・名前の印字を行い、乳幼児の患者様には、色の区別しにくい散剤に線を引くなど工夫しています。
服薬指導

                各店舗、応需している診療科は様々ですが常に患者様の目線に合った服薬指導を心がけています。
                薬の説明はもちろん、生活習慣病の方には栄養指導、乳幼児のお母さまには育児相談なども出来る範囲で行っています。
                また医師からの依頼や患者さまのご希望により在宅での服薬指導も実施しています。
研修会・勉強会
研修会の様子

山路薬局では症例検討を盛んに行っています。
また、月に一度はスタッフで新しい薬剤や興味のある薬剤などテーマを決めて勉強会を行っています。

実務実習生の受け入れ
実務実習の様子

一部店舗では、近隣大学より実務実習生を受け入れています。
実習では、出来るだけ患者さまと接してもらえるよう服薬指導の時間をより多く取り入れるよう考慮しています。

調剤部門 PhotoGallery


正確に早く薬をお渡しできるかを常に考えています。

                


常に患者さまの目線での服薬指導を心がけています。

                


月に一度の研修会は薬剤師の活発な討論が行われています。

                


出来るだけ患者様と接してもらえるよう服薬指導の時間を多くとっています。

  • 調剤の様子
  • 服薬指導の様子
  • 院長による研修会
  • 実務実習生の指導
ページトップへ