スタッフインタビュー

スタッフの体力に頼らない、丁寧なケアに取り組める環境が魅力です。

永井千恵
リ・リブホーム
勤続7年
介護をはじめようと思ったのは、介護が怖かったから。

親の介護が忍び寄る年齢になってきて、最初は怖いなという気持ちから介護について考えないようにしていました。それまで広告デザインの仕事をしていたので、人とふれ合う介護の仕事は全く未知の世界。とにかく介護が怖かったんです。ですが、逃げていても絶対にその時は来ます。それならちゃんと勉強して知ってみようとヘルパー2級の資格を取り、訪問介護の仕事をはじめました。ただ訪問介護は、1日のうちの決まった時間しか関われません。「残りの時間、この方はどうやって過ごしているんだろう」と気になり、当時、一番下の子どもが中学に上がるタイミングで、24時間関われる施設での介護に挑戦しました。
最初、介護は“やってあげる仕事”だと思っていました。ですが、入居者様は人生の大先輩ですので、教わることがすごく多くて。それが楽しいですね。皆さん私には計り知れない経験をされてきている方ばかりなので、こうだろうと思い込んで接していると、思っていたことと全く違うことを求められていたりします。人生の最後のページを生きてらっしゃる方に対して、油断すると失礼なことをしてしまうこともあるため、常に思い込みを持たずに接するように心がけています。

「もっとこうしてみよう」を考えながら、ココロも動かす。

黒木 憲成
リ・リブホーム
勤続3年
できることが増えるように、笑顔の時間が増えるように。

学生時代、アルバイトとして入社してから早3年。近日中に正社員に登用される予定です。
働くうえで、入居者様の意思を第一に尊重することを大切にしています。幼い頃を思い出すと、たとえば「勉強しなさい」と指示されてもあまりその気にはなれませんでしたよね(笑)。それと同じで、身支度やレクリエーションなどもご自身がやる気になるまで待ち、困っているようであればきちんとフォローを入れます。そうすると、自然とイキイキとされてくるのが分かるんです。1日のスケジュールはおおかた決まっていますが、その中で個々のペースを大切にしながら過ごしていただけるよう、程よい距離感で接することを心がけています。
この仕事に向いているのは、やはり“人が好きな人”ではないでしょうか。相手を知るには努力が必要。それを無理なくできる好奇心があれば、多少の困難は楽しみながら乗り切ることができるはずです。また当施設は少人数制なので、入居者様お一人おひとりとじっくりと向き合えるのも魅力だと思います。

大変?いえ、それを超える“楽しさ”があります。

南 里紗
リ・リブホーム
勤続7年
「名前は分からないけれど、あなたがいると安心する」

グループホームの入居者様の大きな特徴は、認知症の症状をお持ちであるということです。そのため、毎日接していてもなかなか名前を覚えていただけません。症状の一つである以上、仕方がないと割り切っていたのですが、ある日「名前は分からないけれど、あなたがいるとなんだか安心するわ」と入居者の方に言っていただいたんです。日々のやり取りを通して私の“存在”で安心していただけた。そう思うと、とても嬉しかったですね。
常に気を張る必要があったり、思うように意思疎通ができなかったりと、大変なことがあるのは確かです。「きつい仕事」というイメージを持たれている方も、多いのではないかと思います。しかし7年間続けてきて思うのは、それ以上に楽しいこともたくさんあるということ。入居者様の笑顔にホッとしたり、日々のふれあいを楽しんだり。ここは職場ですが、入居者様もスタッフも、私にとって第二の家族のような存在です。これからこの仕事を目指す方にも、働く中でぜひこの喜びを感じていただけたらと思います。