お知らせ

2020年度新卒採用に向けて

2018.09.09

先日、2020年度新卒採用に向け、採用ページ向けの写真撮影と取材を行いました。
2009年度、2010年度、2015年度に新卒社員で入社したスタッフに、先輩スタッフとして取材対応いただきました。
(表情が硬かったのか、プロカメラマンの方に何度も「笑顔をください!」と言われ、大変そうでした)

彼らも今や、中堅スタッフ。イムラでトップクラスの営業スタッフとして活躍しております。
2020年度の新卒社員が入社した際には、良き教育係としても活躍してくれることでしょう!

イムラのことを興味を持って説明会に来て下さる学生さんと会えるのが今から楽しみです。

2018年度入社式

2018.04.02

全国的に例年より早く、桜が満開となっているようですが、イムラ本社の近くを流れる佐保川でも、河川沿いの桜が美しく咲き乱れております。

そんな中、イムラでも4月2日に今年度の入社式を執り行い、新卒新入社員1名、中途採用社員2名、合計3名の社員を迎え入れました。

新卒新入社員は施工管理職に就くため、入社から半年間、プログラムに沿って研修を受けていただく予定です。一日でも早くイムラに慣れていただき、様々は技術、スキルを身に付けられるよう、サポートしていきたいと思います

奈良の木のこと

2018.01.11

奈良県奈良の木ブランド課が運営するポータルサイト「奈良の木のこと」にイムラのインタビュー記事が掲載されました。
「奈良の木のこと」は奈良県産材の抗菌効果を載せたり、奈良の木の情報を発信するサイトです。
イムラのこと、奈良の木のことが詳しく掲載されてますので、ご覧いただけると幸いです。

http://www3.pref.nara.jp/naranoki/magazine/nara_interview_imura/

大工育成

今日は、登美ケ丘展示場、堺展示場、美原展示場でカンナ掛けイベントを行っております。
カンナ掛けをしてもらっているのは、弊社の新卒社員大工です。

職人の高齢化、次世代の職人不足が世間で言われてますが、弊社でも今後のイムラの家づくりを継続していくため、ここ数年、将来大工になりたいという新卒社員を迎え入れ、大工育成に力を入れております。

プレカット製材を使用する施工会社が多い中(弊社でもプレカット製材が標準です)、彼らに墨付けや手刻みなどの伝統的な技を継承させたいという想いがあり、年に数軒、研修を受けながら施工していく予定です。
今後、地松の丸太梁を加工、施工といった、現代ではなかなか経験できないプログラムも入ってきます。

将来、イムラを引っ張って行ってくれるような大工に成長されるのが楽しみです。
2018.01.07

仕事はじめ

2018.01.05

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

今日から仕事はじめです。
毎年1月5日に全社員、本社に集合し、仕事はじめ式を執り行います。
式では、井村社長からの年頭の挨拶から始まり、各部門長からの部門の抱負を発表いただきました。

イムラのスタッフは年々増加しており、昨年から約10名の新しいスタッフをお迎えしました。スタッフ数は今後も増加する予定で、様々な業務改善が必要となってくると思われます。スタッフの一人一人がやりがいをもって働くことができ、各々の力が発揮できるような職場づくりを今後も整えていきたいと思います。

今年も一年、社員一丸となって、お客様に満足していただける家づくりを行って参りたいと思います。

営業研修

2017.11.14

今日は登美ケ丘展示場にて、営業マンと営業アシスタントを対象に営業研修を行いました。

展示場での初期接客を想定し、お客様役とスタッフ役に分かれてロープレを行い、初期接客時にお客様を惹きつける技術をアドバイス、指導していただきました。

今後半年間、研修を行う予定です。営業スタッフの今後の変化を見ていきたいと思います。

2018年度新卒採用内定式

2017.10.22

先日、2018年度新卒採用の内定式を執り行いました。
2018年度の新卒採用につきましては、大々的には募集をしておりませんでしたが、学校からの推薦で優秀な生徒さんと出会うことができました。
来春から半年間の研修を経て技術職に就いていただく予定です。
将来のイムラを引っ張っていく人材になってもえらるよう、スタッフ一同、サポートして参りたいと思います。

イムラの報告会

2017.10.17

イムラでは半年に1回、報告会を開催しております。
報告会では全社員が参加し、完工した物件の施工についての情報共有をはかっています。
他の社員が担当する物件がどう完成したか、お客様のご要望をにカタチにするためにどのようにデザインしたか、どう工夫して施工したかなど、勉強できる場でもあります。
イムラの家はすべて注文住宅ですので、一つとして同じ家はありません。報告会で、様々な施工事例を見聞きできるので、社員にとって良い刺激になっていると思います。

今回の報告会では、前期でのトップ賞、目標達成賞など、成績が優秀だった方の表彰も行いました。

「代官屋敷の古民家再生」が2017年度グッドデザイン賞に選ばれました!

2017.10.6

吉野杉を使い古民家再生を行った『代官屋敷の古民家再生』が2017年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。吉野杉でグッドデザイン賞受賞は3年連続となります。

『代官屋敷の古民家再生』とは
築200年以上の元代官屋敷を次の世代に住み継ぐための古民家再生事業。
お白州の式台や力強い架構等が残っている古民家ですが、何度も改修を経る間に構造が歪み、安全で快適な暮らしを送ることができない建物となっていました。
これらの解決策として、構造躯体のみを残して全て解体し、建て起こし等の抜本的な改修工事を行った結果、安全性を確保し、昔ながらの趣を残した外観や200年経過した古材と樹齢200年の吉野杉をはじめ新しい木材が調和する、木質感あふれる快適な居住空間が完成しました。

残すべき建築の持つ良き佇まいと更新すべき住宅性能(構造・設備)とのバランスの取り方や材料のこだわりがプロジェクトをより良いデザインへと引き上げた要因の一つであると評価されました。

「吉野杉の床」が第11回キッズデザイン賞を受賞しました。

2017.10.1

弊社で標準採用しております『吉野杉の床』が、「第11回キッズデザイン賞の「子どもたちの安全・安心に貢献するデザイン部門」を受賞いたしました。
キッズデザイン賞は、「子どもが安全に暮らす」 「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。
弊社で採用している吉野杉の床は、素材感を生かした無垢床です。その仕様は、幅180mm、厚さ15mmの一枚板で、ほとんど節がなく美しい淡紅色をしており、突板にはない芳しい香りが特徴です。そして、カビや大腸菌を増殖させないという実験結果もあり、子どもは勿論のこと、住まう方への健康面に大きくサポートします。