› スタッフインタビュー › 藤井 幸子:図書センター

スタッフインタビュー

生徒達の夢をサポートできるのが魅力!目標に向かって頑張るみんなを応援したいです。

藤井 幸子さんの写真
藤井 幸子
図書センター
勤続1年目
「子ども達の夢を支えたい」その想いが入社のきっかけです!
将来のために頑張る子ども達を支えたいと考え、「浜学園」に入社しました。進学塾での勤務は初めてですが、配属先の図書センターには窓口販売業務もあり、以前に携わっていた販売業での経験も活かせています。また働いたことで気が付いたのは、他部署との一体感です。全員で一丸となって子ども達の夢をサポートしているのだとわかり、さらにヤル気が出ました。私自身も、ここでさらに成長していきたいです。
業務は多岐にわたりますが、先輩たちがしっかりフォローしてくれます。
図書センターでの仕事は、大きく分けて2つあります。1つ目は、在庫管理や搬入・搬出・流通加工などの書庫内業務。2つ目は、保護者の方へ教材を販売する販売窓口業務です。業務の幅が広いので入社当初は戸惑いましたが、先輩たちが親身になって指導してくれるから安心して働けています。他部署の人たちもわからないことを質問すれば、その度に優しく丁寧に教えてくれるので非常に心強いです。
子ども達の真剣な眼差しや無邪気な笑顔が、私のエネルギーです!
書庫内での作業がメインなので、子ども達と直接触れ合う機会は少ないのですが、時々目にする子どもたちの表情が大好きです。目標に向かってひたむきに頑張る真剣な眼差しや、休み時間中の無邪気な笑顔を見ていると、ぐんぐんエネルギーが湧いてきます。自分の夢に一生懸命な子ども達を裏方から支えられる喜びは、他にないくらい大きいです。これからも縁の下の力持ちとして、みんなをサポートしていきます。
よりスピーディーに仕事に取り組めるように頑張りたいです!
日々数字と向き合う仕事なので、まずは正確さが大切です。そこから徐々にスピードアップできるように、努力を重ねています。心がけているのは、作業の順序立て。幅広い業務があるので、行う順番を決めて効率的な動きを意識しています。とはいえ、まだまだ勉強中です。現在は自分から手を挙げて、積極的に様々な業務に関わるようにしています。どんどん経験を積んで、先輩たちのような対応力を身に付けたいです。
page top