スタッフインタビュー

日々、「何事もない日」を生み出しています。

米田 博茂
管制補佐
皆様の安全と生命を守り、安心をお届けする警備の仕事はやりがい満点です。

警備員の経験がなく入社しましたが、やってみたらこれほど面白い仕事はないと感じています。現在、管制補佐として翌日の警備の手配サポートをメインに行っていますが、何より重要なことは、適所、適所に警備員を配置し、現場をスムーズに回すことです。交通警備にしても、施設警備にしても人とのふれあいが多くあり、特に施設警備の場合、お客様を案内した際に「ありがとう」をいただけると、大きなやりがいを得られます。たとえ、同じ現場だとしても毎日新鮮です。通る車も、人も、日によってはもちろん、時間帯によっても変化します。紀北総合警備で働き始めてから刺激的で充実した日々を送っています。

これからも、みなさんの安全を守り続けていきたい。

斉藤 直美
各先輩方のように(株)紀北総合警備の一員として、自他共に認められる事を目標にしています。

2016年10月に未経験から警備員の仕事を始めました。安定した会社で外での仕事をしたいと思ったことが入社の理由です。人にはそれぞれ個人差がありますが、各先輩方の警備方法は皆さん同じ動作を行っています。私も皆さんと同じ動きができるように、日々勉強です。現場一つひとつが私にとって警備員としての知識と技術を高める場にもなっています。心がけているのは、相手の方に不愉快と感じさせないような笑顔での対応です。少しでも早く、近くに先輩がいないときでも自信を持てるように頑張っていきます。

地域に根差した警備で、クライアントから選ばれ続けています。

中尾 享裕
営業部長
目指しているのは、和歌山ナンバーワンの警備会社!あなたの力が必要です。

紀北総合警備では、何事においても法令遵守を徹底しています。そんな当社が求める人材は、やる気のある人、人に喜んでもらえることが好きな人です。現在、警察官志望で、警察官採用の為ノウハウを得たい理由の20代の人もいれば、前職を定年退職して第二の人生を歩んでいる70代の人まで幅広い年代の警備員がたくさん活躍しています。また、当社の警備員の約半数が警備に関する資格を保有していることも大きな特徴です。警備に必要な知識と技術を身につける為の充実した講習やOJT、資格取得費用の会社負担など、「教育面」と「金銭面」の両面からサポートしていることが、高い資格保有率を後押ししています。引き続き質の高い人材の確保と、手厚い教育体制で早期の戦力化を図り、クライアントに満足いただける警備をお届けしていきます。