メールアイコン

スタッフの声

Staff Voice

安井健朗
どんな経験も活かせる仕事。
技術よりも利用者様との関わりを大切に。
介護福祉士
安井健朗
Takeo Yasui
安井健朗
人とのつながり、温かさ。毎日の何気ない時間が一番のやりがいです。
装飾

介護職を目指したきっかけは?

前職で飲食業をしていたときに、腕を骨折して働けなくなったことがありました。「仕事がない」という不安な気持ちを抱えながらリハビリに行っていましたが、そこで出会った担当の方の言葉かけや気づかいで、自然と不安な気持ちが軽くなっていったんです。大きな器で私の心をしっかりと支えてくれて、いつしか「こんな風に人とのつながりを感じられる仕事がしたいな」と思うようになりました。

京都大原記念病院グループを選んだ理由はなんですか?

介護の専門学校で最初に行った実習先がここでした。教育体制がとても充実している印象があって、そのあとも何カ所か実習に行きましたが、どの施設よりも実習生に対して真剣に指導してくれたのが京都大原記念病院グループでした。

お仕事のやりがいと、心がけていることを教えてください。

朝、会ったときに笑顔で挨拶ができるということ、その関係性ができたことですかね。何かをして「ありがとう」と言ってもらうことではなくて、日々の何気ない時間が一番のやりがいです。利用者様との関係は、ときに悩みどころになることもあるのですが、逆に心の助けにもなっています。介護の仕事は人と接するという部分では接客業と変わりませんから、毎日来られる方に対しては近づきすぎないように気を配っています。入所施設と比べると体調面や精神面でも落ち着いている方が多いのですが、もしも体調面でなにかあれば早急にナースやドクターに連携を取っています。また、精神的なケアはむずかしい部分で、すべてを解決することはできないのですが、じっくりと利用者様の話を聞くことを心がけています。

安井健朗
介護に悩む家族様を支えるために。将来はケアマネージャーを目指しています。
装飾

お仕事での課題点は?また今後改善していきたいことは?

今はまだ利用者様の言動に対応することで必死なのですが、先輩方は限られた時間の中でとても丁寧に利用者様と関わっているので、尊敬しています。通所している方の中には、本人の意向ではなくサービスを利用されている方がいて、ときに「こんなところはいや」「帰りたい」とおっしゃる方もいます。そのような方々に「来てよかった」「行きたい」と思ってもらえる場所を、チーム一体となって提供していきたいと思っています。

今後の目標を教えてください。

将来的にはケアマネージャーになって、利用者様の家族様もサポートしていきたいと考えています。実は私の祖母は亡くなる前に通所施設に通っていたのですが、入所施設に切り替えるか家族で悩んでいたんです。祖母は「家でずっと暮らしたい」と言っていたのですが、父が「一人で置いておくのは心配だから」と、自信も知識もない中で模索していました。そのころはケアマネージャーさんしか頼れる存在もなく、その葛藤や悩みが解決できないまま祖母は自宅で亡くなりました。父親もまだ介護に慣れていなかったですし、施設選びもどうしたらいいかわからないという不安が、祖母に対するイライラになってしまっていました。そういうきっかけがあって、介護を通じて周りの家族をサポートしていきたいと思うようになりました。

求職者の方にメッセージをお願いします

転職は不安なこともあるかと思いますが、介護の仕事はこれまでやってきた仕事が活かせる職業だと思います。私は今まで飲食店や別の仕事もしてきましたが、利用者様との対話では接客業をしてきた経験が、食事のイベントでは調理の知識が活かせるので、リーダーを任されています。イベントは毎月企画していて、昼食に天ぷらを揚げたり、みんなで調理をして食べたりしています。どんな経験もまったく役に立たないことはないと思いますし、介護は技術以上に人との関わりが大切な仕事です。技術は先輩方からも丁寧に教えていただけるので、心配はいりません。ぜひ一歩踏み出してみてください。

安井健朗
介護福祉士
安井健朗
Takeo Yasui

2014年入職
おおはら雅の郷 通所施設介護職
食事イベントリーダー

ある1日のスケジュール

8:30 朝礼
10:00 排泄介助
11:30 離床介助
12:00 食事介助
13:30 排泄介助
15:00 レクリエーションの提供
15:30 排泄介助
17:00 退勤