スタッフインタビュー

たくさんの人と車との出会いが、成長につながる。

荒井 優介
石油部 和歌山給油所 サービス営業
先輩の動きを見ることから始めた私も、後輩にアドバイスする立場になりました。

地元のテレビでは、いつも『酒直』のCMが放映されていました。とても親しみやすくて、『酒直』のことは幼い頃からよく知っていました。
その記憶が残っていて、高校卒業間近に『酒直』のガソリンスタンドの求人募集を偶然目にしたとき、どうしても就職したいと思いました。そのため、「就職に有利になるのでは…」と考え、危険物乙種4類の資格を取得してから応募。その甲斐あって、無事採用していただくことができました。
でも接客の経験は、父親の経営する焼肉店を少し手伝ったことがあるぐらいで、はじめはどうしていいのか分からず、苦労の連続。見かねた先輩から「まず、僕の動きを見ることから始めてみたら」とアドバイスをいただき、本当に背中を見つめながら業務を覚えていきました。先輩のマネからはじめた業務も、いまでは自分で考えてできるようになっています。後輩たちにも、「私の背中を…」と指導できるようになりました。

この仕事は、車好きにはたまりません。一生の仕事にしていきたいです。

店の売上も、もちろん大事です。でもそれ以上に、お客様に喜んでいただけるように努力し、次回のご来店のときも笑顔で来ていただけることを心がけています。そんな姿勢で、仕事に取り組んでいくとヤリガイを感じるシーンにたくさん出会うことができます。お客様に名前で呼んでいただけたり、お客様のお車の不具合を見つけて解決したときに「ありがとう」のお言葉をいただけたり…。お客様以上に、私が笑顔になることのほうが多いかもしれません。
またタイヤをはじめ、さまざまな商品の販売に関わることで、たくさんの知識や技術が身についていくことを実感できます。日々、成長する手ごたえが感じられるのも大きなヤリガイです。まだまだ未熟な面も多いので、これからもっと経験を積んで、将来的にはお店を任せてもらえるような存在になりたいと思っています。車に関わることが好きなので、いろいろな車に触れられるこの仕事でずっと頑張っていくつもりです。

硝子を通し、暮らしを明るくするお手伝い。

安田 耕介
硝子部 大阪支店 ガラス工
創業100年以上の老舗安定企業において、丁寧で正確な業務遂行を心がけています。

前職はビルメンテナンスの会社で清掃の仕事に携わっていました。転職の理由は、長い歴史に裏付けられた『酒直』の安定感に惹かれたから。また、父親が建設業を営んでいた関係で、建設資材の販売・工事に興味があり、その中でも特にガラスに魅力を感じました。
現在は、ガラス工事の受注・打ち合わせ・発注・施工段取りを行っています。朝出勤し、まず現場に材料を配送。その後、現場で打ち合わせ、採寸などを行い、会社に戻って発注、というのが通常の一日の流れです。
業務で常に心がけているのは、丁寧さと、正確さ。というのも、ガラスの寸法はスケールを用いて計測しますが、見る角度によって数値が異なり、私自身も計測間違いをした経験があります。他にも注文書への書き間違い、PCに入力する際の打ち間違いなど、業務のあらゆる箇所にミスの可能性が潜んでいます。自分自身の確認の精度を上げることはもちろん、他の方にもチェックしてもらうダブルチェックの徹底を図るなど、ミス防止に全力で取り組んでいます。
入社して、まだ2年半ですが、『酒直』での日々が濃密なせいか、私の中ではもっと長い月日を過ごしている印象です。

何度も足を運び、ニーズにスピーディにお応え。お客様からの信頼を得るポイントです。

職場では、社員同士のコミュニケーションも盛んです。先輩や上司も、私が理解できるまで指導してくれます。とても働きやすく、日々、成長していることを実感できる環境です。
でも入社したばかりの頃は何をしたら良いかわからず、他の方の仕事を見様見真似で行っていると、先輩から「こうしたら」とアドバイスをいただいて覚えることができました。
まず、最初に行ったのは、倉庫で翌日の現場で必要な材料をチェックする業務です。硝子部では数多くの商品を扱っているため商品名を覚えることや、ガラス・サッシ店が使う専門用語が理解できずに苦労しましたが、まだまだ未熟な私には、ひたすら経験を重ねるのみです。
しかし、大変なことが多いからこそ、それを乗り越えて、現場での作業が終わったときは大きな達成感を味わえます。これからの目標は、誰にも負けない知識と行動力を身につけ、お客様からも社内の人からも信頼される存在になることです。
知識面は、まず自分で調べて、わからなければ周りに聞き、それに自分の経験を踏まえ応用する。行動面では、足繁くお客様のところを訪問し、言われたことを後回しにせず、迅速に対応する。
この2つを継続し、信頼関係を築くことが目標です。特に施工条件が困難な現場に赴き、お客様のお役立ちを第一に考え行動することを意識しています。

「何とかしようとすれば、何とかなる」がモットー。

八幡 勇斗
建材部 和歌山支店 営業
自分を育ててくれた地元・和歌山で、さまざまな人の知識にふれ、成長しています。

和歌山を離れたのは、大阪の大学に進学した4年間だけ。就職するなら生まれ育った地元がいい、と考え就職活動を行いました。
『酒直』と出会ったのは、合同企業説明会のとき。父親が建材業を経営していたこともあり、建材部をはじめ、さまざまな事業を展開する『酒直』に興味が湧きました。さらに、説明会、面接と選考を重ねるうちに、その想いはどんどん強くなり、入社を決めました。
最初は仕事に興味を持って入った『酒直』ですが、先輩はやさしい方ばかりで、職場の雰囲気もフレンドリー。居心地がよく、伸び伸びと働ける会社という新しい魅力も分かりました。
配属された建材部は、扱う商品が多く、覚えるのも大変です。でも、慣れの部分が大きく、現場経験を積んでいけば何とかなります。困ったときは先輩に気軽に相談できるので、心強さを感じています。さらに『酒直』には、さまざまな部署があり、幅広い知識を持った方々と交流することができます。例えば、建材に直接関係のない食品のことでも、すぐに教えていただける環境も魅力です。

困ったときは、八幡くん。お客様にそう思っていただける営業になることが目標です。

現在、土木関係の資材を主に担当しながら、生コンクリートのデリバリーとして現場への立ち会いなども行っています。仕事で心がけているのは、お客様の立場に立って考え、行動すること。ご迷惑をおかけしないように、各現場に合わせて施工しやすいように、必要な資材を一生懸命に探して、お客様のご要望にお応えしています。「困った…、八幡くん、何とかならないか」と、お客様から頼りにしていただけると本当に嬉しいです。
そんな私も、新人の頃は目の前のことに精一杯で、仕事に追われるだけでした。でも、仕事の流れが一通り掴めるようになってからは、お客様のご要望を先回りして考えられようになりました。お客様に喜んでいただけるようになり、成長を実感しています。
また、自分の関わった現場が無事に終了したときの達成感は格別です。苦労したことも吹き飛んでしまいます。今後の目標は、自分のスキルを磨き、担当できる現場の幅をもっと広げていくこと。お客様が困ったときに、一番に私の名前が浮かび、お声をかけていただける営業を目指します。