スタッフインタビュー

看護は、五感。人が人らしく生きるのを手伝うのが看護師です。

田中 秀幸
看護師
一人と深く関わり、一人ひとりとの時間つくっていく環境で、患者様を支え、私が支えられてもいます。

草津総合病院を選んだのは、もともと希望していた療養病棟があったからです。学生時代に行った病院での現地実習では一人の患者様を担当し、長く関わりを持つ実習形式が多く、社会に出たらそうした環境で働くことを夢見ていました。もちろん、急性期病棟でも、患者様とじっくり関わることは可能です。

特別ではない。でも、私にしかできないケアを。

伏木 基見子
看護助手
訪問入浴の仕事に触れたことが入職のきっかけ。患者様との関わりは長さよりも、深さが大切です。

看護助手になって4年です。実は、ずっと介護や誰かのお世話をする仕事などは避けていました。向いてないだろうと思っていたので。そんな私に転機が訪れたのは、高齢の父親がいることもあり、将来を見据えて持っていて損はないだろうと介護へルパー2級(現、介護職員初任者研修)を取得するための講座に通っていたときのことです。