現役バス運転士インタビュー

私の「これまで」が、和歌山バスの「これから」になる。

指導運転士 A.S
長年抱いていたバス運転士への想いが成就。チャレンジして良かったです。

元来、乗り物関係が好きで、前職も自動車教習所の指導員。和歌山バスへ入社したきっかけは、偶然、和歌山バスの後ろを車で走ったときに目にした「乗務員募集」の広告です。実は、教習所の指導員になる際は、バスや電車関係の仕事と迷いに迷い、指導員になってからもバスや電車関係の仕事への憧れをずっと持ち続けていました。和歌山バスの広告を見て、バスへの想いが再び強くなり、和歌山バスへの応募を決断した旨を家族に相談したところ、反対の声も上がらず、逆に「好きなことをやってみたら」と背中を押してくれたのです。2002年、念願のバス運転士デビューを果たしました。その後、路線バスの運転士を務めながら、高速バスやリムジンバスを運転する「高速バス運転士」へとステップアップし、当社のすべてのバス乗務を経験しています。

明かるい未来へ向かって走れる環境が、ここにはあります。

運転士 N.M
未経験からの成長を後押ししてくれた親切な先輩と、職場環境の良さ。

前職は、トラックドライバーでした。小さいころからバス運転士への憧れがあり、前の会社を退職したのを機に、何か資格を取ろうと、大型2種免許取得のために通っていた自動車学校で和歌山バス運転士の募集広告を見て応募を決意。和歌山バスは地元で有名な企業だったので、入社前から知っていました。プライベートの変化も転職理由のひとつです。2018年に入社してスタート。和歌山バスは職場環境が抜群で、みんな親切に教えてくれますし、和気あいあいとしており、すぐに職場に馴染めました。とはいえ、やはり初めて一人でバスを運転したときは非常に緊張し、先輩からの丁寧な指導や、「こうやったらええよ」といったアドバイスをもらいながら、少しずつ成長したことを覚えています。

遠方出身者の受け入れ態勢も万全。憧れの運転士として走り続けます。

運転士 T.Y
緊張しながら、「バスに乗りたい!」の一心で電話しました。

以前、住宅調査会社に勤めていたときに社長の挨拶回りの運転を任されたことをきっかけに、人を乗せて運転する仕事を志しました。前職に勤める前もレンタカー店舗や塾の送迎などの経験はあったものの、運転していたのは乗用車ばかり。「まずは大型バスに乗る体験をしてみたい!」と検索したところ、常時受付をしていたのが和歌山バスでした。問い合わせの電話をするには、少し勇気がいりました。実は私、当時は出身地である九州に住んでいたので「そんなに遠方から来られても…」と断られてしまうと思っていたのです。しかし、「いらっしゃるのは大変かもしれませんが、来ていただいて構いませんよ」と快く受け入れてもらえて、体験日当日もしっかりと準備をして迎えてくださり、私の納得のいくまで1、2時間も車庫の周りを運転させてくれました。親身であたたかい社風に惹かれ、九州に戻ってから正式に応募するのに迷いはなったと記憶しています。

介護職からバス運転士へ。「人の役に立てる仕事」がキーワード。

運転士 F.T
安心の乗り心地を、今度は届ける側になりたい。

前職の介護業界は、自身の仕事選びの指針である「人の役に立つ」をキーワードに選びました。介護の仕事は非常にやりがいがある一方で、やはり体力勝負の世界です。当時の年齢である30代半ばのパフォーマンスを10年・20年先も保てるのか不安があり転職を決意しました。人の役に立てるかどうかを基準に仕事を探し始めたところ、目に飛び込んできたのが普段通勤で利用していた和歌山バスの運転士の姿だったのです。大きな車体を器用に動かし、お客様への配慮も忘れない、機敏に動く運転士の仕事ぶりを垣間見て、バス運転士も人の役に立てる仕事だと確信しました。さらに、和歌山バスには私のように乗用車しか運転したことのない人でも安心して始められる養成制度があります。ベテランの運転士も多く、和歌山バスなら定年までハンドルを握れると思い応募しました。

対話を大切に、目指すのは冷静で的確な判断ができる運行管理者。

助役(運行管理者) N.M
「地元愛」をきっかけに入社し、着実にステップアップしています。

前職は、トラックドライバーをしていました。荷物を運ぶ仕事から人を運ぶ仕事をしたいと思ったのは、地元に貢献したいという想いが強まったからです。公共交通機関であれば、地域の人々の移動の足として役立てますし、培った経験の延長上で始めやすいのも決め手でした。トラックとバスの違いは、やはりお客様がいることで、ただ安全運転をするだけでなく、激しく揺れていないか、社内は快適かといった部分にも気を配る必要があります。乗り心地のよい運転のコツは、自身の家族がバスに乗っていると思うこと。問題を自分事化する、当事者意識を持つこと何よりも大切です。運転士としてキャリアをスタートし、路線バス運転士から長距離の高速バス運転士を経て、2020年には助役という管理役のポジションに就きました。何でもチャレンジだと思って前に進んでいます。

昔はハサミを、去年まではハンドルを握り、今はバス運転士の心を掴んでいます。

運行管理者 K.A
安定感に魅力を感じ、先に和歌山バスで活躍していた義父の勧めで転職しました。

入社する前は、美容師をしていました。畑違いからの転職ですが、結婚して2人目の子どもが生まれて生活を落ち着かせたいと思い転職を決意。妻の父が2008年から和歌山バスで勤務しており、私自身運転を苦にするタイプではありませんでしたし、義父の話からしっかりした会社だとわかり、生活が安定すると感じ入社しました。もし義父から紹介してもらわなければ和歌山バスと出会わなかったかもしれないので、まさにご縁です。美容師に関連した仕事との考えもありましたが、私の中で新しいことにチャレンジしたいという想いが強かったことも入社を後押ししました。実際に入ってみて、畑違いというのもあり、大変な部分や不安な部分は多かったものの、日々の勤務を通し、少しずつ不安が解消したことを覚えています。

地域の足として市民の暮らしを支える誇りを胸に。

運転士 N.M
お客様からの「ありがとう」に、地域のお役に立てていることを実感しています。

家族との時間を増やしたいと考え和歌山バスに転職しました。社会的に重要な役割を担う公共交通機関であるバスの運転士にやりがいを感じたことと、南海電鉄グループで安定感バツグンの環境で働けることも選んだ理由です。前職でトラックの運転をしていたこともあり、バスの運転自体にはすぐ慣れ、接客・マナーは入社してから丁寧に教わりましたが、やはり実際にお客様とのふれあいを通してどんどん身についていきました。心がけているのは、自分や自分の家族をお客として乗せている気持ちでハンドルを握ることです。車内は快適か、揺れていないか、安心感を与えられているか。お客様は必要以上のスピードを求めていません。丁寧に、しっかり運転し、無事に目的地までお送りすることが何より大切です。

「お客様ファースト」をいつも心に留めています。

運転士 A.F
毎日が新鮮。次はどんな「ありがとう」と出会えるかとても楽しみです。

私が和歌山バスに入社したのは2000年です。現在、「一般路線バス」をはじめ、「高速バス」や「リムジンバス」など、現場の状況に応じて運転しています。和歌山バスを選んだ一番の理由は「南海電鉄グループ」という安定性と将来性です。そんな環境の中で正社員として働けることが最大の魅力だと感じています。降りる際にお客様から「ありがとう」をいただくことは、ありがたいことに結構な割合でありますが、降車後に少し歩かれてからバスの方をわざわざ振り返られ、ペコッと頭を下げていただいたことは驚いたのと同時にとてもうれしく思いました。今も強く印象に残っています。

下記URLからも運転士採用情報をご覧頂けます! http://job-gear.jp/wakayamabus/lp/index.htm